スポンサーリンク

「タバスコ」と「ホットソース」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「タバスコ」と「ホットソース」の違いとは?食べ物・飲み物
スポンサーリンク

この記事では、「タバスコ」「ホットソース」の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「タバスコ」とは?意味

アメリカにあるマキヘニー社が開発して販売するため商品登録しているものを「タバスコ」といいます。

ピリッとした辛さが楽しめるホットソースであり、食べ物に味を添える調味料として売られている人気の商品です。

アメリカではペパロニピザとの相性が抜群で、味に深みを出したいとき好みの量をかけて食べています。

主な原料は唐辛子に酢と塩を混ぜていて、独特なスパイシーな香りに食欲がそそられる調味料です。

とくに、単調なトマトに飽きたときひと振りかければ、それまでの味を消してまた新しい刺激が楽しめるようになります。

「ホットソース」とは?意味

アジア料理で使われているのが「ホットソース」であり、ピリッとした辛さと新陳代謝が良くなることで体がポカポカと温まります。

辛味は控えめなので、食べた後に口の中がいつまでもヒリヒリ痺れることはありません。

しかし、料理を食べたときのほどよい刺激と、このソースで深みと素材の旨みが引き出されるのです。

タイ料理やベトナム料理など幅広く使われている「ホットソース」も唐辛子を原料としている調味料であり、庶民に愛されるB級グルメとの相性は抜群で味を引き締める効果をもたらします。

「タバスコ」と「ホットソース」の違い

「タバスコ」「ホットソース」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらもカプサイシンを含む唐辛子が原料となった調味料であるため、コレステロール値を低くしたり、脂肪燃焼効果が得られる効果をもたらします。

しかし、「タバスコ」は1940年代にアメリカで誕生した調味料であり、スパゲッティやピザ、サラダなど幅広い料理に辛味を足すために開発されました。

食べたときピリッとした刺激を感じ、後に辛さが広がるといった二重の楽しみが得られます。

もう一方の「ホットソース」はアジアで生まれたソースであり、魚介スープや生春巻き、炒め物などの料理に使われている調味料です。

まとめ

どちらも唐辛子を中心に作られている味にパンチを与える調味料ですが、「タバスコ」はアメリカで誕生し、ピザやスパゲッティに使われていて、「ホットソース」はスープや炒め物を中心に使うと覚えておくといいでしょう。

食べ物・飲み物
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典