スポンサーリンク

「ゴジラ」と「メカゴジラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ゴジラ」と「メカゴジラ」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「ゴジラ」「メカゴジラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ゴジラ」とは?

「ゴジラ」は架空の生物で、設定が作品ごとに異なり、ロシアが放棄した放射能で遺伝子異常という形で成長した生物だったり、太古の生物で放射性物質がエネルギー源だったりと創作上の生物です。

なお、この生物の特徴は、放射線をエネルギーとしている点で、放射線を自ら取り込み、かつ放射線を自ら吐き出し攻撃をするなどの攻撃手段を持つ生物です。

ちなみに、この生物は人間の味方でもなんでもなく、太平洋上を住まいとしているだけの生物で自分より強い怪物が出てくるとボコりに行く生物で、人間と利害関係が一致しているから、怪物をボコりに行くわけではありません。

「メカゴジラ」とは?

「メカゴジラ」は、架空の兵器で実は、ブラックホール惑星人が地球を侵略するために作り出した兵器でした。

しかし、のちにゴジラはだんだんと協力になりつつあり、地球側に住む人間も、ゴジラって危険じゃあ?と考え始めることで、対ゴジラ兵器を必要とし、生み出されました。

現在は、「メカゴジラ」は、対ゴジラ用の兵器扱いです。

「ゴジラ」と「メカゴジラ」の違い

両者の違いは、侵略者であるか、単なる生物の変異体であるかです。

「ゴジラ」は、生物が放射能で変異した変異体で、「メカゴジラ」は、元々は地球侵略用の兵器になります。

ですが、作品が進むにつれ、「メカゴジラ」は、人類の希望の兵器という形になりました。

まとめ

「ゴジラ」については、作品ごとに設定が異なり、架空の生物で恐竜のような生物になります。

なお、この生物は別に人間の味方ではありません。

あくまで、自分より強い生物が自分が住んでいるシマで調子に乗っているのが許せないという理由でぶつかっているだけで人間にも割と被害を与える生物です。

そんなことから、登場したのが、「メカゴジラ」になるんですが、この兵器、実は初期の作品では地球侵略の兵器でのちに自衛隊が対ゴジラ兵器にすることで人類の希望になったのです。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典