スポンサーリンク

「話し言葉」と「書き言葉」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「話し言葉」と「書き言葉」の違いとは?違い

この記事では、「話し言葉」「書き言葉」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「話し言葉」とは?

「話し言葉」とは、「日常会話で用いられるようなカジュアルな表現」のことを指し、「口語(こうご)」とも呼ばれています。

「話し言葉」の使い方

「話し言葉」はコミュニケーションを円滑に取ることを目的とした表現であるため、柔らかく、くだけた表現が多いです。

したがって、日常会話などで使用されますが、逆に、文書を書くときやフォーマルな場面での会話には適さないという側面を持っています。

「書き言葉」とは?

「書き言葉」とは、「主に文章を書くときに用いる表現」のことを指し、「文語(ぶんご)」とも呼ばれています。

「書き言葉」の使い方

「書き言葉」は伝えたいことを正確に伝えることを目的としおり、文法に沿って、要点だけを残した簡潔な表現になります。

したがって、公的文書を書くときやフォーマルな場面に適した表現と言えますが、逆に、日常会話で使用すると相手に無機質で堅い印象を与える可能性があります。

「話し言葉」と「書き言葉」の違い

「話し言葉」「日常会話で用いられるようなカジュアルな表現」のことであり、柔らかく、くだけた表現が多いです。

したがって、日常会話などで使うことはできますが、フォーマルなシーンで使うのは不適切になります。

対して、「書き言葉」「主に文章を書くときに用いる表現」であり、相手に伝わるように、文法に則って簡素化された表現です。

したがって、フォーマルなシーンで使うのに適した表現ですが、日常会話などで使用するとよそよそしく、お堅い印象を相手に抱かせてしまいます。

以下が「話し言葉」/「書き言葉」の違いの一例になります。

「どっち」/「どちら」
「ちゃんと」/「きちんと」
「やっぱり」/「やはり」
「やっと」/「ようやく」

まとめ

「話し言葉」とは、「日常会話で用いられるようなカジュアルな表現」のことを指し、「口語(こうご)」とも呼ばれています。

「書き言葉」とは、「主に文章を書くときに用いる表現」のことを指し、「文語(ぶんご)」とも呼ばれています。

「話し言葉」は日常会話で使用される表現であり、「書き言葉」はフォーマルなシーンで使用される表現になります。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典