スポンサーリンク

「日本人」と「邦人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「日本人」と「邦人」の違いとは?違い
スポンサーリンク

「日本人」「邦人」はどちらも似たような意味を持つ言葉ですが、一体どのような基準で使い分けられているのでしょうか。

今回は、「日本人」「邦人」の違いを解説します。

スポンサーリンク

「日本人」とは?

「日本人」とは、「日本国籍を持つ人」を意味する言葉です。

「日本人」の使い方

広義では日本で生まれて別の国に移住した人や人種的なルーツを日本に持つ人、日本語の話者なども含みますが一般的に「日本人」という言葉は日本国籍を有する人を指します。

アメリカ生まれのアメリカ育ちであっても書類上日本国籍を持つ人であれば「日本人」です。

「邦人」とは?

「邦人」とは、「自国の人」を意味する言葉です。

「邦人」の使い方

主体から見て同じ国籍を有する人を指す言葉で、日本国籍を持つ人から見た「邦人」は同じく日本国籍を持つ人を指し、アメリカ国籍を持つアメリカ人から見た「邦人」はアメリカ人を指します。

国内で「邦人」という表現を使う場合は基本的に日本国籍を持つ人の意味で使われます。

「日本人」と「邦人」の違い

日本国籍を持つ人が「日本人」、同じ国籍を持つ自国民が「邦人」という違いで区別されます。

日本から見ると「日本人」「邦人」は同じ意味になりますが新聞やテレビなどでは海外に一時的に滞在している日本国籍を持つ人を「日本人」、海外赴任や移住など外国に長期滞在している人を「邦人」と呼んで区別しています。

「日本人」という言葉は国籍が日本であることを示しているのみなのに対し、「邦人」は同じ国籍を有する者同士という仲間意識のニュアンスが含まれているという違いもあります。

「日本人」の例文

・『被害者に日本人はいなかった』
・『同じ日本人として誇らしい気持ちだ』

「邦人」の例文

・『大使館が邦人保護に動いている』
・『邦人の脱出はほぼ完了した』

まとめ

「日本人」「邦人」は基本的に同じ意味で使われる言葉ですが置かれている状況や込められている意味合いで使いわけられています。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して使い分けてください。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典