スポンサーリンク

「バーベキュー」と「焼肉」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「バーベキュー」と「焼肉」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「バーベキュー」「焼肉」【やきにく】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バーベキュー」とは?意味

屋外で食材をすべて鉄板や網の上で焼き、それぞれの皿に分けて盛り付けて食べることを「バーベキュー」といいます。

まずは火が通りにくいトウモロコシや人参、じゃが芋を焼き、次に火が通りやすい玉葱、茄子、キャベツなどの野菜を焼いてから肉を焼くわけです。

最後に火が通りやすい肉を丁寧に焼いてバーベキューソースに付けてみんなで食べます。

この肉は厚みがある牛ステーキでもいいですし、薄切りの豚肉でもよく、なかには鶏肉を焼いて食べる人たちもいるなど、自分の好きなものを短時間で料理できる食材を選んで楽しく食べるわけです。

「焼肉」とは?意味

屋内で専用の機器に牛や豚の薄く切った肉や、食べやすくした内臓を直火で焼いて食べるのが「焼肉」【やきにく】と言います。

肉を炙って焼いて食べるとき、専用の焼肉のタレや塩を好きなだけ付けて食べますが、焼きながら食べるところに楽しみを感じられる料理です。

肉は薄くスライスしてありますので、さほど時間をかけて焼かなくても表面と裏面を軽く焼くことで美味しく食べられるようになります。

元々は鍋に肉を入れて食べていた名残が、直接火で焼くスタイルに生まれ変わったものであり、食べ頃を自分で見計らって食べる日本では「焼肉文化」として受け入れられているのです。

「バーベキュー」と「焼肉」の違い

「バーベキュー」「焼肉」の違いを、分かりやすく解説します。

蒔や炭に火をつけたものを専用のグリルにセッティングした後、その上にのせた網や鉄板の上で食材を焼いて調理する方法を「バーベキュー」といいます。

海外ではブロックの肉を時間と手間をかけて焼いて食べますが、日本では薄いスライス肉をさっと焼いて食べるのが一般的です。

川の近くや山にある専用の施設内で自分が組み立てた調理器具か、備え付けの器具を使って焼いてから外で食べます。

もう一方の「焼肉」は専用の肉焼き機でスライスした薄い肉を焼き、塩や焼肉のタレに付けて味を楽しむのです。

野菜よりも肉の旨味を楽しむために食べる料理であり、自ら好きな部位を選び、好みの焼き加減で食べるという違いがあります。

まとめ

どちらも肉と野菜を焼いて食べる料理ですが、屋外でいろいろな野菜と一緒に厚みがある肉を調理して食べるか、屋内で自分の好みの肉を好きなように焼いて食べるかの違いがあると覚えておくといいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典