スポンサーリンク

「通勤費」と「交通費」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「通勤費」と「交通費」の違いとは?ビジネス・就職・転職

この記事では、「通勤費」「交通費」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「通勤費」とは?

「通勤費」「つうきんひ」と読みます。

意味は「自宅から主に勤務する場所まで通う為に必要な費用のこと」です。

自宅から会社や実際に働く場所まで毎日通う際にかかるお金のことです。

具体的には「電車代・バス代・駐輪場代」などがあります。

「通勤費」の言葉の使い方

「通勤費」は名詞として「通勤費が高い・安い」「通勤費がかかる」「通勤費支給」などと使われます。

「通勤費」の定義や金額は各企業により決まっていますが、基本的に「最も効率的かつ適切な金額」であり、会社によってはマイカーのガソリン代や新幹線代なども出してくれるところもあります。

「交通費」とは?

「交通費」「こうつうひ」と読みます。

意味は「仕事や役割を果たす目的で移動する際にかかる費用のこと」です。

会社で仕事をする上で移動の際にかかるお金のことを言い、「通勤費」「交通費」に含まれます。

「交通費」の言葉の使い方

「交通費」は、名詞として「交通費が発生する」「交通費を請求する」「交通費を精算する」などと使わまス。

「交通費」の定義や金額は各企業により決まっていますが、基本的に「営業活動に関わる公共交通機関を利用した費用」の他に、「出張に関わる飛行機代やタクシー代、宿泊費」なども含まれることがあります。

「通勤費」と「交通費」の違い

「通勤費」「自宅から主に勤務する場所まで通う為に必要な費用」です。

「交通費」「仕事や役割を果たす目的で移動する際にかかる費用」です。

「通勤費」の例文

「通勤費」の例文は以下の通りです。

・『通勤費は一か月3万円までとなっています』
・『通勤費はICカードでの支給になります』
・『通勤費が高いので面接を落される』
・『通勤費は全額支給です』

「交通費」の例文

「交通費」の例文は以下の通りです。

・『出張にかかった交通費を精算する』
・『残業したのでタクシー代を交通費として請求する』
・『旅費と交通費の精算書を提出する』
・『出張の交通費を仮払いしてもらう』

まとめ

今回は「通勤費」「交通費」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。