スポンサーリンク

「豚タン」と「牛タン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「豚タン」と「牛タン」の違いとは?食べ物

この記事では、「豚タン」「牛タン」の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

豚タンとは?

豚タンとは、豚肉のうち舌の部位をいいます。

豚タンはコリコリとした食感で歯ごたえがあります。

焼肉店などのメニューの1つになっています。

脂肪分が少ないのでさっぱりしていて、ヘルシーな食材でもあります。

また、焼き肉以外にもシチューや煮込み料理などにも使われています。

ただし、豚タンはあまり馴染みがある部位ではないので、スーパーマーケット等では販売されていないことも多いです。

豚タンを食材として使用する場合には、しっかりと血抜きを行う必要があります。

血抜きをしないと、臭みが出てしまいます。

牛タンとは?

牛タンとは、牛肉のうち舌の部位をいいます。

牛タンは焼肉店では人気のメニューで、薄くスライスして焼いて食べることが多いです。

塊肉はタンシチュー等にも用いられます。

また、牛は舌の先端部分と根本の部分では肉質が異なります。

それから仙台の牛タン焼きは、ご当地グルメとして人気があります。

塩味や味噌味、タレをつけた牛タンを焼いたものを定食にして提供している飲食店が多いです。

仙台の牛タンは、土産物としても販売されています。

牛タンには、タンパク質やビタミンB、鉄分などが豊富です。

豚タンと牛タンの違い

豚タンも牛タンも舌の部位をいいますが、味や値段などに違いがあります。

豚より牛の方が大きいので、牛タンの方が1頭から沢山の量がとれます。

また、牛タンの方が脂肪分が多く濃厚な味わいで、豚タンの方が脂肪が少ない分ヘルシーです。

また、豚タンよりも牛タンの方がよく知られています。

値段は牛タンの方が豚タンよりも高いです。

まとめ

豚の舌が豚タンで、牛の舌が牛タンになります。

牛タンの方が豚タンよりも脂肪が多いので、味は濃厚です。

豚タンは脂肪が少ないためヘルシーで、さっぱりと頂くことができます。

また、価格が高いのは牛タンで、豚タンはリーズナブルです。

食べ物
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典