スポンサーリンク

「設える」と「設ける」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「設える」と「設ける」の違いとは?生活・教育
スポンサーリンク

この記事では、「設える」「設ける」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「設(しつら)える」とは?

「設える」とは、「こしらえて設ける」「備え付ける」「部屋などを整えて、飾り付ける」という意味を指す言葉です。

「設える」「用意する」「設備する」「整える」「飾り付ける」という意味を指す古語「設ふ(しつらふ)」に由来を持ちます。

「設(もう)ける」とは?

「設ける」とは、「事前に用意や準備をしておくこと」「建物などを設置したり、こしらえること」を意味する言葉です。

「設える」と「設ける」の違い

「設える」「設ける」も同じ漢字が使われていますが、意味するところは異なります。

「設える」は主に物などを備え付けたり、何かを飾り付けたりすることを指す言葉です。

対して、「設ける」は主に予め備えておくことや、建物や機関などを設置することを指す言葉です。

「設ける」は特に「予め備えておくこと」の意味で用いられる場合、様々なモノを対象に取ることができるため、使い勝手の良い汎用的な表現と言えます。

「設える」の例文

・『彼女の部屋は中世ヨーロッパを想起させるアンティーク調に設えられていた』
・『庭園の飾り付けは父が趣味で設えたものだ』
・『あのユニークなシルエットをした書棚は、部屋の主がデザイナーに依頼して設えたものらしい』

「設ける」の例文

・『前回の被害を教訓として、新たな災害予防対策が設けられた』
・『講師は結論を述べる前にまず分かりやすい仮説を設けた』
・『国際的イベントの開催に際して、新たな専門機関が設けられた』

まとめ

「設(しつら)える」とは、「こしらえて設ける」「備え付ける」「部屋などを整えて、飾り付ける」という意味を指す言葉です。

「設(もう)ける」とは、「事前に用意や準備をしておくこと」「建物などを設置したり、こしらえること」を意味する言葉です。

生活・教育
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典