スポンサーリンク

「入金」と「振込」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「入金」と「振込」の違いとは?金融・経済

この記事では、「入金」【にゅうきん】と「振込」【ふりこみ】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「入金」とは?意味

銀行口座にお金を入れるのが「入金」【にゅうきん】と言います。

手渡しされた給料を手元においておくと使ってしまう人は、銀行口座に入れておけばあるだけ使わずにすみますし、いつ、いくら口座に入れたか通帳に記録が残るところが安心感を感じるわけです。

たいていはお金を自分の口座に入れるときの手数料はかからないため、気にすることなく気軽に「入金」できます。

また、給料を受け取るときは会社から自分の口座に「入金」してもらうことがほとんどですので、使うときはその都度銀行に行って出金して使う人が多いのです。

「振込」とは?意味

水道代や電気代など毎月使った光熱費を払うとき、指定された口座に払うべき額を「振込」【ふりこみ】します。

使用料を払うことで毎月安心して生活ができるわけです。

親元を離れて大学に通う学生の場合は、実家から家賃や生活費を銀行口座に「振込」してもらうことで普通に生活ができ、勉学にも勤しめます。

主に、家族宛てに必要なお金を送金する、毎月支払うため口座に振り込むなど、とても必要なお金を送金するため「振込」という形を用いるわけです。

「入金」と「振込」の違い

自分がお金を送る必要性があるとき、相手先に銀行口座を通して送るとき「入金」します。

また、自分が作った口座にお金を「入金」して預けておき、必要なとき出して使うといったときにも使われている言葉です。

もう一方の「振込」は、通販サイトで商品を購入した後、代金を支払うためお金を相手が指定する口座へと「振込」して支払います。

主に、お金が必要な人に対して送るとき、銀行を利用した送金方法という違いがあるわけです。

「入金」の例文

・『欲しかった空気清浄機が到着した3日後、指定口座に入金した』
・『実家から入金される毎月の生活費は、すぐに銀行口座でチェックする』

「振込」の例文

・『明日まで指定口座に振込まなければ、二度と買い物ができなくなる』
・『購入した部品の代金を3日以内に振込するように催促された』

まとめ

どちらも銀行口座を利用したお金のやり取りを指す言葉ですが、最近はオンラインでも気軽にできる方法になったため、素早くお金のやり取りができるところがこれからも利用者が増えていくことでしょう。