スポンサーリンク

「やらせ」と「演出」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「やらせ」と「演出」の違いとは?新語・ネット語

この記事では、「やらせ」「演出」【えんしゅつ】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「やらせ」とは?意味

その番組を魅力的なものにするため、あらかじめ人を雇って虚偽の話をさせることを「やらせ」と言います。

捏造【ねつぞう】するために番組を制作する者が出演者にシナリオを与えて覚えさせ、あたかも自分が被害者であるような素振りを見せて熱く語らせるわけです。

元々は「遣らせ」という言葉からドキュメンタリーに出演する者が事実に見せた話や動きして見せて、視聴者の共感や同情をかって視聴率を上げる工夫します。

「演出」とは?意味

ドラマや映画を制作するとき、作品を魅力的にするため音響や照明を使って表現に手を加えるのが「演出」【えんしゅつ】と言います。

俳優の演技をより魅力的にするため照明の色や当て方を考えたうえで撮影するわけです。

また、音を加えて数多くの笑い声を出してみたり、車の走る音を格好良く出すなど演出方法にはさまざまなやり方があります。

ばらばらでまとまらない表現に統一感を持たせて、調和させるのが目的です。

「やらせ」と「演出」の違い

ここでは「やらせ」「演出」の違いを、分かりやすく解説していきます。

芸能人や依頼者に信憑性のある話をさせて、番組を盛り上げて視聴率を高めるのが「やらせ」です。

例えば、何十kmも一人で走っているかのように見せかけて、実はカメラで映していない場面は車に乗って移動していたのは視聴者から見れば「やらせ」になるわけです。

もう一方の「演出」は装置、音響、照明などを使って美しい統一感を出したり、視聴者が思わず引き込まれるよう効果をもたらした表現することという違いがあります。

「やらせ」の例文

・『不良息子が心を入れ替えて帰ってくる番組がやらせであることが判明した』
・『大家族を特集する番組はやらせであり、実はみな雇われた俳優であった』

「演出」の例文

・『視聴者が素晴らしいと心から感じる演出方法を取り入れた番組は面白い』
・『新郎新婦が魅力的に映る演出した映像を流せば、参列者の心を惹きつける』

まとめ

番組を制作するとき、いかに人々を魅了できるか考えるあまり行われる受け入れられない方法と、色や音をつけるなどして制作するため取り入れられている魅力的な方法であると覚えておくといいでしょう。