スポンサーリンク

「インクジェットプリンター」と「レーザープリンター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「インクジェットプリンター」と「レーザープリンター」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「インクジェットプリンター」「レーザープリンター」の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

インクジェットプリンターとは?

液体のインクで印刷を行うプリンターのことをいいます。

吹き出し部分からインクを噴射し、紙にインクが吹き付けることで印刷するものです。

インクの色にはブラックやシアン、マゼンタ、イエローといった種類があります。

インクの種類が多いタイプほど、表現できる色調のバリエーションが増えます。

写真やアート作品など繊細な色の表現をしたい時に向いています。

家庭用として使われることが多いです。

レーザープリンターとは?

インクではなくトナーパウダーと呼ばれる樹脂の粉が用いるプリンターのことをいいます。

トナーパウダーを熱で溶かし紙に転写して印刷を行います。

この際、レーザーの光を利用するためレーザープリンターと呼ばれています。

レーザープリンターには家庭用もありますし、会社などで使われる業務用もあります。

印刷スピードが速く水にも強い性質があるので、印刷した部分が濡れてもにじみにくいというのがメリットです。

インクジェットプリンターとレーザープリンターの違い

インクジェットプリンターは家庭用として使われることが多く、価格もレーザープリンターに比べると割安に設定されています。

また、繊細な色彩の表現ができるので写真やアート作品などの印刷に適しています。

レーザープリンターには家庭用と業務用があり、コンパクトなタイプから大型のものまで色々あります。

はっきりした文字などを得意としています。

プレゼンの資料を作成するのに適していますが、アート作品のような微細な色を表現したい時には向いていません。

印刷スピードも速いので、大量の印刷をしたい時に重宝します。

まとめ

2つのプリンターでは印刷の仕組みに違いがあります。

繊細な色の表現に向いているのはインクジェットプリンターで、はっきりした文字等の印刷に向いているのがレーザープリンターです。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典