スポンサーリンク

「安堵感」と「安心感」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

スポンサーリンク
「安堵感」と「安心感」の違い生活・教育

この記事では、「安堵感」「安心感」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「安堵感」と「安心感」の違い

「安堵感」「安心感」はどちらも「不安がなくて落ち着いている心理状態」を意味していますが、「安堵感」という言葉は「不安なこと・心配事・問題が解決して落ち着いている感じ」を特に意味しています。

「安堵感」に対して「安心感」のほうは、「(不安なことが解決するかしないかとは関係なく)今の時点において不安なこと・心配事・問題がなくて落ち着いている感じ」を意味しているという違いを指摘できます。

「安堵感」と「安心感」の使い方の違い

「安堵感」「安心感」の使い方の違いは、「安堵感」「不安なこと(心配事)が解消された時の落ち着いた感じ」に対して使い、「安心感」「不安なこと(心配事)がない時の感じ」を意味して使うという違いがあります。

例えば、「長年の法廷闘争を終えて安堵感を感じた」のほうが「安心感を感じた」とするよりも、「悩んでいた法廷闘争が終わってほっとしたというニュアンス」が強くなるのです。

「安堵感」と「安心感」の英語表記の違い

「安堵感」を英語で表記すると、以下のようになります。

“a sense of relief”(心配事から解放された感じ・安堵感)

「安堵感」に対して「安心感」を英語で表記すると、以下のようになります。

“calm feeling”(落ち着いた穏やかな感じ・安心感)

“peace of mind”(平和で穏やかな心理状態・安心感)

上記のように、「安堵感」の英語表記は“a sense of relief”などで、「安心感」の英語表記は“calm feeling”などである違いを指摘できます。

「安堵感」の意味

「安堵感(あんどかん)」という言葉は、「気がかりなことや心配事が除かれた時の落ち着いた気持ち(ほっとして安心できた感じ)」を意味しています。

「安堵感」というのは、「今まで不安に思っていたことが解決した時に生じる落ち着ける感じ」を意味している表現なのです。

「安堵感」の使い方

「安堵感」という言葉は、「問題・心配事が取り除かれた時の落ち着いている感覚」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「近隣トラブルが解決して安堵感が得られました」といった文章で使えます。

「安堵感」を使った例文

・『必死に勉強した結果、大学受験に合格して安堵感を感じることができました』

・『10年以上の介護を終えることができた時は、悲しみ・寂しさと同時に安堵感もありました』

・『パワハラが繰り返される職場で働いていた時は、安堵感がありませんでした』

・『難しいプロジェクトを成功させて、安堵感を得ることができました』

・『懸念が残っている今の段階では、まだ安堵感を感じることはできません』

「安堵感」の類語

「安堵感」の類語には、「一安心(ひとあんしん)・胸を撫で下ろす感覚・気が晴れる感じ・安らぐ感じ」などがあります。

「一安心」とは「問題が解決して気持ちが落ち着くこと」「胸を撫で下ろす感覚」「心配していた物事が解決してほっとする感覚」を意味しています。

「気が晴れる感じ」は、「悩み事が解決して爽快な気分になる感じ」を意味する慣用的な表現です。

それらの意味から、「安堵感」と類似の意味を持つ類語として、「一安心・胸を撫で下ろす感覚・気が晴れる感じ・安らぐ感じ」が挙げられます。

「安堵感」の対義語

「安堵感」の対義語には、「危惧(きぐ)・憂慮(ゆうりょ)」などがあります。

「危惧」という言葉は「何か悪いことが起きるという具体的な危うさや恐れを感じること」を意味していて、「憂慮」というのは「心配して思案すること・思いわずらうさま」を意味しています。

その意味合いから、「安堵感」とは反対の意味を持つ対義語として、「危惧・憂慮」を指摘することができます。

「安心感」の意味

「安心感」という言葉は、「不安なことや気がかりなこと(心配事)がなくて落ち着いている感覚」「人・物事のリスクが小さく感じられて手堅いと思う感じ」を意味しています。

「安心感」というのは、「今の時点において不安感・心配事・高いリスクがなくて気持ちが落ち着いている感じ」を意味している表現なのです。

「安心感」の使い方

「安心感」の使い方は、「不安なことや心配事がない感覚・感じを指示する場合」に使うという使い方になります。

例えば、「どんな時にも安心感が感じられるから、私は彼女を妻に選んだのです」といった文章で使うことができます。

「安心感」を使った例文

・『彼と一緒にいると安心感を感じられるのです』

・『この家は確かに安いのですが、裏に山があって土砂崩れの危険があるので安心感がありません』

・『いざという時の安心感を感じられるので、いくつかの健康保険に加入しています』

・『短気で怒りやすい人が近くにいると、安心感が感じられません』

・『安心感を感じさせるセールストークが彼の営業成績を支えているのです』

「安心感」の類語

「安心感」の類語には、「安らかな感じ・安全な感じ・大丈夫・平穏な感じ・平安・静穏・手堅い」などがあります。

「安心感」とは、「不安に思うことがなくて安らか(安全)な感じ・恐れることがなくて大丈夫と思える平穏(静穏)な感じ」「リスクが小さくて手堅い感覚」を意味している言葉です。

そのことから、「安心感」と類似した意味を持つ類語として、「安らかな感じ・安全な感じ・大丈夫・平穏な感じ・平安・静穏・手堅い」などが挙げられます。

「安心感」の対義語

「安心感」の対義語は、「不安感」になります。

「安心感」という言葉は、「不安になることがなくて気持ちが穏やかな状態」「気がかりな心配事がなくて落ち着いている感じ」を意味しています。

それとは反対の意味を持つ「安心感」の対義語として、「心配事があったり何か悪いことが起こるかもしれないと思ったりして恐れる感じ、落ち着かない感覚」を意味する「不安感」を挙げることができます。

まとめ

「安堵感」「安心感」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「安堵感」「安心感」の意味・使い方・英語の違いや類語・対義語を詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。