スポンサーリンク

「概して」と「概ね」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「概して」と「概ね」の違い生活・教育

この記事では、「概して」「概ね」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「概して」とは?

「概して(がいして)」とは、「大体(だいたい)において」「一般に」と言う意味があります。

「概ね」とは?

「概ね(おおむね)」とは、ほとんどの部分がその状態であることを表しています。

また、「大旨」「おおむね」と読み、「概ね」と同じような意味合いで使われます。

「概ね」と似ている言葉では、「主旨」「大意」「だいたい」、または「おおよそ」などがあります。

「概して」と「概ね」の違い

「概して」「概ね」の違いを、分かりやすく解説します。

「概して」とは、大体においてと言う意味があります。

「概ね」は、ほとんどの部分がその状態であることを表しています。

「概して」「概ね」はどちらも「だいたい」と言う意味がありますが、「概して」「一般に」を表すのに対し、「概ね」の方は 「主旨」「大意」と言った意味合いがあるので、この点が異なっています。

「概して」の例文

・『この会社では概して社食を利用する社員が多い』
・『この学校の生徒たちは概して挨拶がきちんとしている』
・『この地域では概して地域活動が盛んだ』
・『この国では概して主食にお米を食べている』

「概ね」の例文

・『両社の関係は現在も概ね良好です』
・『概ね以下のようになっている』
・『概ね次のとおりです』
・『概ね予想していた通りだった』

まとめ

「概して」「概ね」はどちらも「概」の字が使われています。

「概」「ようす」「おもむき」などの意味があります。

「概して」「概ね」は同じ漢字が用いられていますが、「概して」「がいして」と読むのに対し、「概ね」「おおむね」となるので、読み方を間違えないように気を付けましょう。

このように、日本語には同じ漢字が使われていても、違った読み方をする場合があります。

意味も似ているようで、異なることもあるので、それぞれの違いを知り、適切に用いるようにしたいものです。