スポンサーリンク

「早く」と「速く」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「早く」と「速く」の違い状態

この記事では、「早く」【はやく】と「速く」【はやく】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「早く」【はやく】とは?意味

早く帰りたい、早く寝たいなど自分の行動によく使われているのが「早く」【はやく】であり、通常よりも物事の時間を短縮して終わらせたいと思う人の行動を表します。

「早く終わらせよう」とか、「早く店を出る」といった使い方して自らの行動を伝えるわけです。

早出、早帰りなど物事を急いで実行するという人の行為を表し、相手へいかにすぐ取り掛かろうとしているかが分かります。

「速く」【はやく】とは?意味

スピードを表すのが「速く」【はやく】であり、乗り物が速く通り過ぎるとか、弟は足が速いなど動くものの速度を表す言葉です。

他にもあの人は物事の決断が速いとか、川の流れが驚くほど速いなど幅広く使えます。

速度や風速など一定の距離を動く人や乗り物、風、球など物体が動くとき必要とする時間が少ないことを表したいとき使われる言葉です。

「早く」と「速く」の違い

時間を表すのが「早く」【はやく】であり、速度を表現するとき使うのが「速く」【はやく】と言います。

早朝、早死、気が早いなどいかに短いかを表したいときに使えば、その状態がいかに普通ではなく、急いでいるさまを伝えられるわけです。

もう一方の「速く」は呼吸が速いとか、スピードを速くするなど今までの状態よりも動きを高めるといったとき使うという違いがあります。

「早く」の例文

・『会社を早く出てしまったため、予定時間よりも前に取引先に到着してしまった』
・『駅前で妹の帰りを待つ弟が早く家に帰りたいと涙を流すのでたしなめる』
・『裏山が土砂崩れの危険性があるので、早く家から非難することにした』

「速く」の例文

・『川の流れが速くてボートは向こう岸に移動できず、流されてしまった』
・『兄が投げた球が思った以上速くて追いつけず、向かいの家の庭に入ってしまった』
・『駅のホームに入ってきた新幹線が速くて興奮した息子は、手を叩いて喜んだ』

まとめ

用事があるので、今やっていることをさっさと終わらせたいと思うときや、乗り物や人など動くものが今より動きを速めるかうまく違いを見定めて、どちらを使うか考えてみるといいでしょう。

状態
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典