スポンサーリンク

「スワイプ」と「フリック」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「スワイプ」と「フリック」の違いIT

この記事では、「スワイプ」「フリック」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スワイプ」とは?

「スワイプ」とは指を押し付けたまま動かす操作方法を指します。

スマホなど感圧式の端末でページをめくる時などに使われる操作です。

「スワイプ」はずっと指を押し付けたままであり、指先を押し付けている間は上下左右に指先を動かせばそれに対応して画面も動きます。

そのため一度の「スワイプ」で数画面分読みながらページをスクロールするなど、他の操作方法では複数回の操作が必要なことも「スワイプ」なら1回の操作で済むこともあるでしょう。

「フリック」とは?

「フリック」とは押し付けた指で弾くように動かす操作方法です。

スマホで文章を書くために使われる文字の「フリック」入力が代表的でしょう。

一点に指を押し付けてからその指で払うように素早く指を動かします。

スムーズな文字入力やウェブページなどで内容を読まずに大きくスクロールさせるなど、素早くなにかをする時のために使われることの多い操作方法です。

「スワイプ」と「フリック」の違い

「スワイプ」「フリック」の違いを、分かりやすく解説します。

画面に押し付けた指を滑らせるようにスライドさせる方法が「スワイプ」で、指先で弾くように動かす方法が「フリック」です。

「スワイプ」は画面のどこに指を押し付けて始めても良い場合が多いですが、「フリック」は特定のポイントに指先を押し付けて始める必要がある場合が多いです。

またページのスクロールなど同じ目的のために「スワイプ」「フリック」両方が使える場合、「スワイプ」は動きを調節しながら操作できるのに対し「フリック」は素早く操作できます。

まとめ

指をスライドさせるか弾くように動かすかが「スワイプ」「フリック」の違いです。

たしかに少し操作方法は似ていますがどのような操作をしたいかによって使い分ける必要があるので、「スワイプ」「フリック」の違いとやり方は覚えておく必要があります。

IT
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典