スポンサーリンク

「あす」と「あした」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「あす」と「あした」の違い生活・教育
スポンサーリンク

この記事では、「あす」「あした」の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

「あす」とは?

「明日」と書いて、「あす」と読みます。

「あす」とは現在を起点にした次の日のことをいいます。

翌日という場合もあります。

「あす」は主に書き言葉で、文章として書く時に用いられることが多いです。

また、「あす」には少しあらたまった印象があります。

「明日(あす)のご予定はいかがでしょうか」といった使い方をします。

それから「あす」には、近い将来という意味もあります。

「明日(あす)を担う若者」とか「明日(あす)は我が身」という場合、次の日のことを指しているわけではありません。

これから起こるであろう未来のことを指しています。

「あした」とは?

「明日」と書いて、「あした」と読むこともあります。

「あした」「あす」と同様に、現在を起点とした次の人のことをいいます。

「あした」は日常的な会話で用いられる話し言葉です。

「明日(あした)は9時に集合ね」等、フランクな会話で使われます。

また、「明日(あした)がある」という場合、希望があるといったニュアンスが含まれます。

「あす」と「あした」の違い

「あす」はあらたまった表現であるのに対して、「あした」はくだけた表現です。

「あす」は書き言葉として用いられることが多く、あらたまった場面でも使われます。

「あした」は主に話し言葉で、日常的な会話で用いられています。

元々、「あした」は次の日の朝を指す言葉で、「あす」は次の日全体を指す言葉でした。

夜が明けた日という意味で「明日」という漢字が使われたのです。

現在は深夜0時に日付が変わりますが、昔は1日の始まりは日の出だったため朝に日付が切り替わりました。

現在は「あす」「あした」も次の日全体のことを指しています。

まとめ

「あす」は主に書き言葉で、あらたまった表現になります。

「あした」は主に話し言葉で、日常会話などでもつかわれるくだけた表現です。

生活・教育
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典