スポンサーリンク

「末長く」と「末永く」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「末長く」と「末永く」の違い生活・教育

この記事では、「末長く」【すえながく】と「末永く」【すえながく】の意味や使い方をわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「末長く」とは?意味

ずっと一緒に手を組んでやっていきたいと思う相手に対して使うのが「末長く」【すえながく】です。

それだけ仕事を一緒にしていきたいと思う相手に対して言う言葉であり、ビジネスの場面では取引先と仕事がしたいと思うとき「末長くよろしくお願いします」と言って、一緒に展開していきます。

遠い将来まで仲良く付き合いたいと思う相手であれば、先輩やご近所など幅広く使える言葉です。

「末永く」とは?意味

永遠に仲良く一緒に手を取り合って歩んでいきたいと思う相手に対して使うのが「末永く」【すえながく】です。

永久にいい関係を続けていこうと固い絆で結ばれるように神の前で誓うわけです。

永遠に二人の関係がいいものであるために誓う場面は愛する男女が神の前で誓い合う結婚式であり、幸せな生活が永遠に続くように心を通い合わせるのです。

「末長く」と「末永く」の違い

一緒に力を出し合って、この先ずっと仕事していきたいと思うビジネス相手に対してよく使うのが「末長く」です。

関係性を深め合い、お互いに能力や技術力を出し合っていいものを作り上げようと手を組むときに使います。

もう一方の「末永く」は、人生においてずっと幸せにやっていけるよう誓うときよく使われている言葉です。

「末長く」の例文

・『これからも末長く仕事していこうと取引先相手に伝えた』
・『末長く一緒にやっていこうと思う相手と手を組んだ』
・『気が合うご近所さんとは末長く付き合いたいと思う』

「末永く」の例文

・『愛する男性と末永くいい関係が続くよう私は祈った』
・『末永く愛する人との関係が続くよう努力することを誓った』
・『教会の前で彼氏と末永く一緒にいられるよう神に祈るのだった』

まとめ

どちらもずっとこの先いい関係のままいられたらいいという気持ちを表す言葉です。

使うタイミングとしては、取引先相手か愛する人か考えて使ってみるといいでしょう。