スポンサーリンク

「長年」と「永年」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

スポンサーリンク
「長年」と「永年」の違い状態
スポンサーリンク

この記事では、「長年」「永年」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「長年」と「永年」の違い

「長年(ながねん・えいねん)」「永年(ながねん・えいねん)」はどちらも「長い時間」を意味していて、国語辞典の記載では同義語として扱われています。

「長年」「その時間に始まりと終わりがあるニュアンス」を持っていますが、「永年」にはその時間の始点と終点の語感はありません。

「長年」と比べると「永年」は、「ある時間軸で始まるはあるが終わりがない」「明確な終点がなくてずっと続く」のニュアンスがある違いを挙げられます。

「長年」と「永年」の使い方の違い

「長年」「一定の時間の範囲に始点と終点がある場合」に使う言葉です。

「長年」と比較すると「永年」という表現は、「時間の範囲が限定されておらず、長い時間がいつまでも続くこと」のニュアンスで使われる違いがあります。

時間に始まりと終わりの区切りがある時は、「長年にわたってお世話になった会社を去ることに決めました」のような文章で使われます。

一方、時間に始まりはあるが終点が決まっていない時、あるいはいつまでも継続してほしい願いがある時は、「永年」を使うという使い方の違いを挙げられます。

「彼は永年、交際してきた親友です」のような文章で使用できます。

「長年」と「永年」の英語表記の違い

「長年」を、英語を使って表記すると以下になります。

“for many years”……何年にも及んで、長年にわたって。

長年。

“for a long time”……長い期間に及んで、長い時間にわたって。

長年。

「永年」を、英語を使用して表現すると以下になります。

“all these years”……何年にもわたってずっと、とても長い期間に及んで。

永年
“forever”……終わりがなくずっと、永遠に。

永年。

“everlasting”……終わることなくずっと続いていくさま。

継続的・永続的。

永年。

「長年」の意味

「長年(ながねん)」とは、「長い時間および期間」「長い年月(月日)」を意味している言葉です。

「長年」という言葉は一般的に「ながねん」という読み方をしますが、「永年」と同じ「えいねん」の読み方をすることも可能です。

「長年」の使い方

「長年」の言葉は、「一定以上の長い年月・時間・期間」を意味して使う使い方になります。

「長年」の表現を使う場合には、「一定の長さがある長い時間(期間)で、始点と終点がある」といったニュアンスで使うことができます。

すなわち、「時間軸に始まりと終わりの区別がつけられる時」に、「長年」という言葉を使用することが可能です。

「長年」を使った例文

・『長年の努力が実って、第一志望の大学に何とか合格することができました。』
・『私がこうやって県知事としての重責を担えたのも、長年に及ぶ妻の支えがあったからなのです』
・『長年、この地域の住民が望んでいた川を渡るための橋が架けられることになりました。』
・『若い頃に長年にわたり指導して下さった剣道の先生が亡くなったとの知らせを聞き、とても落胆しました。』
・『アフリカ南部の貧しい国々では長年疫病の蔓延に悩まされてきましたが、ワクチン接種で疫病の犠牲者が大幅に減りました。』

「長年」の類語

「長年」の類語には、以下の表現があります。

・『多年(たねん)』……一年~二年の長さではなく、かなり長い年単位の期間・時間。

・『長期間(ちょうきかん)』……主観的あるいは相対的に長い期間。一般的に、年単位に及ぶくらいの期間。

・『数十年(すうじゅうねん)』……十年程度の長さではなく、二十年以上に及ぶ非常に長い期間。

「長年」の対義語

「長年」の対義語には、以下の言葉があります。

・『短期間(たんきかん)』……始まりと終わりの区切りをつけられる短い期間。

・『数日(すうじつ)』……おおむね2~4日程度の範囲に当たる短い期間。

「永年」の意味

「永年(えいねん・ながねん)」とは、「非常に長い時間(期間)」を意味しています。

「永年」という表現には、「いつまでも長く続くような時間」といった意味合いが備わっています。

「永年」の言葉は「ある時間軸において、始点(始まり)はあるが終点(終わり)がない」のニュアンスを持っていて、「終わりなくいつまでも続く」といった語感があるのです。

「永年」の使い方

「永年」は、「非常に長い期間」を意味して使われます。

「永年」の使い方は基本的に「長年」と同じなのですが、「長年よりも長いスパンの時間・期間」といった意味合いで使用されやすくなっています。

「永年」という表現は、「始まりはあるが終わりのない長い期間」「終わりなくずっと長く続いて欲しい場合」に使われているのです。

例えば、「90歳の祖父は永年、大きな病気をしたことがありません」といった文章で使えます。

「永年」を使った例文

・『この高級家具のタンスには永年保証がついているため、もし壊れた場合には無償で修理してくれるということです。』
・『会社における彼の永年の功績が顕彰される運びとなり、来週、社長直々に表彰状を手渡すということです。』
・『永年にわたって練磨し続けてきた職人たちの技術がすべて生かされた素晴らしい住宅です。』
・『あの時に永年の愛を誓った妻と、私は彼女が受け入れてくれる限り、最期まで添い遂げたいと考えています。』
・『兵士たちによる永年の献身と誠実な愛国心によって、祖国の領土が今まで守られてきたのです。』

「永年」の類語

「永年」の類語には、以下の言葉があります。

・『永遠(えいえん)』……未来へのベクトルで、時間軸がずっと続いていて終わりがないさま。

・『ずっと』……終わりの時点がなくて継続するさま。

・『永続(えいぞく)』……途中で途切れることなく、ずっと継続すること。

「永年」の対義語

「永年」の対義語には、以下の表現があります。

・『有限の時間(ゆうげんのじかん)』……無限ではなくて、限り(終わり)がある時間の長さ・範囲。

・『刹那(せつな)』……まばたきする間くらいの非常に短い時間・瞬間。刹那の語源は、一回指をパチンと弾く時間が「60~65刹那」に相当するという時間の最小単位を示す仏教用語にあります。

まとめ

「長年」「永年」の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「長年」「永年」の意味・使い方・英語表記の違いや類語・対義語を詳しく知りたい時は、この記事の内容をチェックしてみてください。

状態
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典