スポンサーリンク

「ランボルギーニミウラ」と「ランボルギーニイオタ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ランボルギーニミウラ」と「ランボルギーニイオタ」の違い乗り物
スポンサーリンク

この記事では、「ランボルギーニミウラ」「ランボルギーニイオタ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ランボルギーニミウラ」とは?

「ランボルギーニミウラ」とは、イタリアのランボルギーニ社が開発した12気筒エンジン搭載(3. 9リッター)のスーパーカーです。

1966年から1973年にかけて「ミウラ」は約747台が生産されましたが、大排気量のミッドシップエンジンは当時としては画期的なエンジンでした。

「ミウラ」という車名は、ドン・アントニオ・ミウラが経営していたスペインの伝説的な闘牛牧場「ミウラ」に由来しています。

「ランボルギーニイオタ」とは?

「ランボルギーニイオタ」とは、「ミウラ」をベースにして開発されたランボルギーニ社の「幻の一台」です。

ボブ・ウォレスが1969年11月から、「FIA・国際競技コードJ条」に依拠したテストカーとして約11ヶ月の短期間で開発した一点もの(ワンオフ)です。

「イオタ」は実験車で市販車ではないため、ディーラー経由などで購入することはできません。

「イオタ」には世界で一台のみの最初の「J」とそれをベースにして追加で製造された「ミウラSVJ・ミウラSVR」などがあります。

「ランボルギーニミウラ」と「ランボルギーニイオタ」の違い

「ランボルギーニミウラ」「ランボルギーニイオタ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ランボルギーニイオタ」「ランボルギーニミウラ」をベースにして「ボブのおもちゃ」として開発された実験車で、初代「J」は世界で一台しかない幻の車です。

「イオタ」はカタログに掲載されておらず、ディーラーで注文することもできなかった違いがあります。

「ミウラ」はスーパーカーで台数は少ないのですが、ランボルギーニの正式なラインナップに含まれていた車種であり、合計で700台以上は生産された違いがあります。

「イオタ」はワンオフ(一点もの)であり、「ミウラ」はイオタと比べれば量産された車になります。

「イオタ」「ミウラ」の欠点改良を目指して開発されたので、馬力などは「ミウラ」よりも強くなっています。

まとめ

この記事では、「ランボルギーニミウラ」「ランボルギーニイオタ」というスーパーカーの違いを説明しましたがいかがでしたか。

「ランボルギーニミウラ」「ランボルギーニイオタ」について詳細にリサーチしたいときは、この記事の内容を参考にしてください。

乗り物
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典