スポンサーリンク

「タンブラー」と「コップ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「タンブラー」と「コップ」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク

この記事では、「タンブラー」「コップ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「タンブラー」とは?

タンブラーグラスのことです。

そこが平たいコップのことを指します。

容量は180mlほどから300mlほどまでさまざまです。

日本で販売されているものには、フタつきのものとフタなしのものがあります。

フタの形は、栓のようにしまるものもあれば、飲み口がついているものもあります。

フタがついていることで、手に持って移動する際にこぼれにくくなります。

しかし、しっかりと閉まるものではないので、横にすると中の液体がこぼれる恐れがあります。

使用される素材は、ガラス、ステンレス、プラスチックなどです。

金属製のものは、保冷・保温性がややあります。

「コップ」とは?

円筒状の飲み物を入れる容器のことです。

容量は100mlていどから500mlていどまでさまざまです。

その場で飲むことを主に想定しているので、フタはついていません。

とってがついているものは「マグカップ」と呼ばれることが一般的で、「コップ」はとってのないものです。

使用される素材は、ガラス、プラスチック、ステンレスなどさまざまです。

ガラス製のものは飲み物を外から見ることができ、視覚的に楽しむことができます。

プラスチックは軽く、落としても割れない特徴があります。

ステンレスのものは、やや保冷・保温性があります。

「タンブラー」と「コップ」の違い

「タンブラー」「コップ」の違いを、分かりやすく解説します。

飲み物を入れる容器である点は同じです。

大きな違いは、フタの有無と持ち運びすることを想定しているかです。

前者はフタつきのものがあり、持ち運ぶことを考えています。

後者はフタがついておらず、その場で飲み物を飲むように作られています。

まとめ

飲み物を入れるための容器である点は同じで、見た目が似ていますが、フタの有無や持ち運びをすることを考えているのかという点に違いがあります。

専門用語・業界用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典