「欠如」と「欠落」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

「欠如」と「欠落」の違い生活・教育

この記事では、「欠如」「欠落」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

「欠如」と「欠落」の違い

「欠如」とは、必要な物事が欠けていることです。

「欠落」とは、一部が欠け落ちること、また欠け落ちていることです。

どちらの言葉にも、欠けているという意味が含まれていおり、ほぼ同じ意味を持っています。

「欠ける」には、そうあるべきものの一部が抜けている、足りないという意味があります。

「欠如」は、なくてはならないものの一部が欠けていることです。

「欠落」は、なくてはならないものという意味は含まれておらず、一部が欠けていることです。

たとえば、物事を判断する力がないと、人に騙されてしまう恐れがあり、また自分で決断することができず、何かを選ぶときに困ります。

判断力はなくてはならないものといえそうです。

その一部が抜けていることを、判断力が「欠如」しているといいます。

判断力が足りないといった意味合いです。

「欠落」の場合は、「欠如」に比べると「落ちる」という意味合いが強くあります。

「欠落」という言葉に、おちるという意味を持つ漢字である「落」が使われていることからも、そのことがわかります。

「欠如」と「欠落」の使い方の違い

必要な物事や一部が欠けていることについて使用をします。

2つの言葉はほぼ同じ意味を持っているので、ほぼ同じように使用することができます。

必要なものといっても、物質的なものや精神的なものがありますが、「欠如」「欠落」も精神的なものを指して使用することが多いです。

たとえば、文字を書いていて、ある文字が抜けてしまったとします。

「文字を書く」とするところを「文を書く」としてしまったような場合です。

こういったことは精神的なものではないので、「欠如」「欠落」も使用せず、この場合は他の言葉になります。

お酒を飲み過ぎると記憶が抜け落ちてしまうことがあります。

このようなことには、「欠如」「欠落」を使用することができ、「記憶が欠落する」のようにいいます。

「欠如」は足りないという意味を含むので、「記憶が欠如する」とはあまりいわず、「欠落」を使用することの方が一般的です。

記憶は足りないのではなく、抜け落ちているからです。

「欠落」は抜け落ちる、欠け落ちるという意味合いがあります。

「欠如」と「欠落」の英語表記の違い

「欠如」は英語で“want”“lack”“shortage”と表現をします。

「欠落」は英語で“lack”と表現をします。

「欠如」の意味

「欠如」とは、必要な物事が欠けていることです。

「欠」という漢字には、かける、あるべきものが足りないという意味があり、「如」という漢字は、状態を表す言葉に添える助字です。

たとえば、みんなで協力しなければならない場面があったとします。

文化祭の準備などは、クラスのみんなが協力して行うことで、作業が速やかに進みます。

そのような場面で協力をしないのは、協調性が足りないといえ、協力すべきところで協力しないのは、必要な物事が欠けているといえます。

こういったことを「協調性が欠如している」といいます。

必要な物事が足りていないことが「欠如」です。

車の運転をするときには、高い注意力が必要です。

注意をしていないと、道路から飛び出てくるかもしれない人に気がつかないといったことになりかねません。

注意力が必要な場面であるにもかかわらず、注意が足りないようなことも「欠如」といいます。

「必要」とは、なくてはならないものです。

車を運転しているときには高い注意力が必要ですが、家でテレビを見ているときに高い注意力は必要ありません。

そのため、ある場面では注意力が「欠如」しているといえても、ある場面ではそうでないことがあります。

「欠如」の使い方

なくてはならない物事が欠けていることについて使用をします。

物質にも使える言葉ですが、多くの場合は精神に関係することに使用されています。

協調性や注意力などは物質ではなく、人間の精神に関係することです。

安全性、危機感、責任感、指導力などについても、必要なだけに足りていない場合は「欠如」といいます。

また、スピードや戦略などについても使用できる言葉です。

「欠如」を使った例文

・『透明性が欠如している』
・『危機感が欠如していたために、今回の事件が起こった』
・『計画性の欠如を指摘する』
・『責任感が欠如しているため、彼には任せられない』

「欠如」の類語

「欠落」「脱落」が類語です。

「脱落」には、抜け落ちること、集団についていけずに抜けることという意味があります。

「欠如」の対義語

「十分」が対義語です。

満ち足りていて不足がないという意味です。

「欠落」の意味

「欠落」とは、一部が欠け落ちることです。

これくらいのコミュニケーション能力が必要だとします。

わかりやすいように数値化すると、80のコミュニケーション能力が必要だったとしましょう。

80必要なところなのに、60だけしかなかったとしたら、一部が欠け落ちている状態だといえます。

このような状態を指して、「コミュニケーション能力が欠落」しているといいます。

「欠ける」には、かたいものの一部が壊れてとれるという意味があります。

家の壁はかたいです。

その壁の一部分が落ちてしまったら、そのことを「壁が欠落した」といいます。

コミュニケーション能力も壁も、本来あるべきものから一部分が欠け落ちている、といえます。

そういったことが「欠落」です。

「欠落」の使い方

一部が足りていないことについて使用をします。

物質に関係することにも、人間の精神に関係することにも使える言葉です。

「壁が欠落する」は物質に関係すること、「コミュニケーション能力の欠落」「記憶の欠落」は精神に関係することです。

「欠落」を使った例文

・『消費者の視点が欠落している』
・『欠落を埋めようとする』
・『知識が欠落している』
・『感情が欠落しているのではないだろうか』

「欠落」の類語

「欠如」「脱落」が類語です。

「欠落」の対義語

「十分」が対義語です。

まとめ

どちらの言葉にも欠けているという意味が含まれており、ほぼ同じ意味を持っています。