スポンサーリンク

「ネガティブ」と「ポジティブ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ネガティブ」と「ポジティブ」の違い日本語と英語
スポンサーリンク

この記事では、「ネガティブ」「ポジティブ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ネガティブ」とは?

「ネガティブ」の意味は以下の通りです。

1つ目は「ものごとを否定的に考える性質」という意味で、すぐに悪い方向で考えたり、相手の意見に反対する性格のことです。

2つ目は「消極的な性質」という意味で、失敗を恐れて行動できない性格のことです。

3つ目は「マイナス面」という意味で、その人や物が持っている良くない面のことです。

上記に共通するのは「負の性質を持つ」という意味です。

「ネガティブ」の概要

「ネガティブ」は英語の「negative」が日本語化した言葉で、「負の数」「電極のマイナス」「否定的な」「批判的な」「消極的な」「報われない」などの意味があります。

英語ではマイナスとなるもの全般に使われますが、日本語では主に人の性質に使われることが多く、「ネガティブ思考」「何でも悪い方へと考える傾向」という意味です。

「ポジティブ」とは?

「ポジティブ」の意味は以下の通りです。

1つ目は「ものごとを肯定的に考える性質」という意味で、常に良い方向で考えたり、相手の意見に素直に賛成する性格のことです。

2つ目は「積極的な性質」という意味で、自ら進んで行動する性格のことです。

3つ目は「プラス面」という意味で、その人や物が持っている長所やメリットなどのことです。

上記に共通するのは「正の性質を持つ」という意味です。

「ポジティブ」の概要

「ポジティブ」は英語の「positive」が日本語化した言葉で、「正の数」「電極のプラス」「確実な」「有益な」「肯定的な」「現実的な」などの意味があります。

英語ではプラスとなるもの全般に使われますが、本語では主に人の性質に使われることが多く、「ポジティブ思考」または「ポジティブシンキング」は、「ものごとを良い方向へと考える傾向」という意味です。

「ネガティブ」と「ポジティブ」の違い

「ネガティブ」「否定的な」「消極的な」という意味です。

「ポジティブ」「肯定的な」「積極的な」という意味です。

「ネガティブ」の例文

「ネガティブ」の例文は以下の通りです。

・『新企画に対してネガティブな意見が多い』
・『彼は何でもすぐネガティブに考える』
・『ネガティブな性格で友達が少ない』

「ポジティブ」の例文

「ポジティブ」の例文は以下の通りです。

・『批判的な意見もポジティブに受け入れる』
・『失敗は成功の元とポジティブに考える』
・『彼女はポジティブな性格なので、失恋しても立ち直りが早い』

まとめ

今回は「ネガティブ」「ポジティブ」について紹介しました。

「ネガティブ」「否定的な」「消極的な」という意味、「ポジティブ」「肯定的な」「積極的な」という意味、と覚えておきましょう。

日本語と英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典