スポンサーリンク

「慰留」と「残留」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

スポンサーリンク
「慰留」と「残留」の違いビジネス・就職・転職

この記事では、「慰留」「残留」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの違いと使い方を、理解していただいて日々の生活や商談、スキルアップ等のトレーニングに役立てていただけましたら幸いです。

スポンサーリンク

「慰留」と「残留」の違い

先ず「慰留」「残留」の違いをご説明致します。

「慰留」「残留」の違いについて見ていきましょう。

前者の「慰留」(いりゅう)の意味は、役職を辞退しようとする人物や、引退しようと考えている人に対して、なだめて現役を続けるように説得する意味があります。

後者の「残留」(ざんりゅう)の意味としては、その場に残っている人や、なくなっていないという意味があるのです。

是非ともこの違いを理解して、参考にしてみてください。

「慰留」と「残留」の使い方の違い

次は「慰留」「残留」の使い方の違いを解説していきます。

「慰留」「残留」の使い方の違いは、上で解説した意味を念頭において分析していくと簡単に使い方が見えてくるのです。

「慰留」の場合は、辞めようとする人を説得して辞めないようにする事です。

「残留」というのは、残っている人やものという意味です。

よって使い方としては、「引退する前に慰留してみる~」というのが前者にあてはまります。

そして、「現地には残留部隊がおり~」という使い方が後者にとって妥当な使い方となるのです。

参考にしてください。

「慰留」の意味

ここでは「慰留」の意味をご説明致します。

「慰留」の意味としては、辞退や辞職、引退等を考えている人物や選手に対して、現役で活躍するように、なだめて辞めないようにする意味があります。

皆さんの周囲で惜しい人物や人材が辞めてしまうかもしれない時は、是非ともこの言葉を思い出してください。

「慰留」の使い方

次は「慰留」の使い方を解説致します。

「慰留」の使い方としては、なだめて辞めさせないようにする時に使うものです。

したがって使い方としては、「スポーツ選手が引退しそうなので、みんなで慰留したいと思い~」という使い方がイメージが沸くかと思います。

参考にしてみてください。

「慰留」を使った例文

ここでは「慰留」を使った例文を解説していきます。

・『社長が引退したいと言っていたが、社員で慰留してみようと思う』
・『優秀な人材は慰留してでも社内に留まって欲しい』
・『辞職しそうな部長を飲み会に誘い、慰留した』
・『彼らが慰留してくれたので、私は思いとどまれた』
・『先生を慰留して、現役を続けるように説得してみた』
以上が「慰留」を使った例文となりますので、把握して役立ててくださると嬉しく思います。

「慰留」の類語

この項目ではサラッとですが、「慰留」の類語について解説していきます。

「慰留」の類語としては、「反対する」「警告する」「引き締める」等が類語として成立するのです。

参考にして、様々なシーンで臨機応変に使ってみてください。

「慰留」の対義語

次は「慰留」の対義語を見ていきます。

「慰留」の対義語としては、「静観」(せいかん)が対義語として成立するかと思います。

「慰留」というのは、相手を説得する事で辞めるのを止めることを意味しております。

一方で、「静観」は、静かに見ている事という意味があるのです。

したがって、相手が辞めようとしているのを、静かに見守るという意味にもなりますので、対義語として成立するかと思います。

是非、把握しておいてください。

「残留」の意味

この項目では「残留」の意味をご説明致します。

「残留」の意味としては、現地に残っている人の事や、残っているもの、なくなっていないという意味があります。

意味を覚えておくと、様々な会話に役立つと思いますので、覚えておいてください。

「残留」の使い方

次は「残留」の使い方を解説していきます。

「残留」の使い方としては、上の意味を当てはめていきましょう。

すると使い方が自然に見えてきます。

「残留」は、なくならずに残っているものや人を指しております。

よって使い方としては、「現地の残留部隊はこれから内地へ~」という使い方や、「残留している人に~」という使い方ができるのです。

覚えておくと、何かと便利に使えると思います。

「残留」を使った例文

ここでは「残留」を使った例文を書きます。

・『シンガポールの残留部隊が内地へ向けて、出港したようだ』
・『残留しているものを素早く回収しよう』
・『残留している人達を説得してみようと思う』
・『戦争が終わって10年も残留していたのは、凄い事だ』
・『残留部隊と主力部隊が合流したようだ』
以上が「残留」を使った例文となります。

参考にしてください。

「残留」の類語

この項目では「残留」の類語を解説していきます。

「残留」の類語としては、「残存」「留保」「保留」等が類語として挙げられます。

参考にしておくと、非常に使うシーンが多いかと思います。

活用してみてください。

「残留」の対義語

次の項目では「残留」の対義語を解説します。

「残留」の対義語としては、「霧消」(むしょう)が対義語として成立するかと思います。

「残留」は、なくならずにあるものや人を指しております。

しかしながら、「霧消」は、霧がなくなるように、跡形もなく消えていることを意味しております。

したがって対義語として成立し、認識されているようです。

是非とも、把握して役立ててみてください。

「まとめ」

いかがでしたでしょうか。

「慰留」「残留」の違いや使い方について解説してきました。

「慰留」とは、辞めようとする人物を説得して、何とか踏みとどまるようにすることです。

「残留」は、なくならずにのこっている人やものを指しております。

この違いに対して、類語や対義語を理解しておくことで、使い方が幅広くなるかと思いますので、参考にしてみてください。