スポンサーリンク

「LINE」と「メッセンジャー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「LINE」と「メッセンジャー」の違い専門用語・業界用語

この記事では、「LINE」「メッセンジャー」の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

LINEとは?

LINEは日本で圧倒的な人気を誇るメッセージアプリです。

LINEのユーザー同士でメッセージをやり取りしたり、音声通話やビデオ通話を無料で行うことができます。

主にスマートフォンで利用されていますが、パソコンやタブレット端末等でも利用することができます。

LINEの代表的な機能を挙げるとトークやグループトークがあります。

トークでは、チャットのようにリアルタイムでメッセージのやり取りを行うことができます。

相手がメッセージを読むと「既読」がつくので、相手に伝わっているかが一目瞭然です。

また、グループトークは複数で同時にメッセージをやり取りすることができます。

大勢に伝えたいことがある場合などに便利です。

それからイラスト等で描かれたスタンプと呼ばれる画像もあり、感情を表現するのに役立ちます。

可愛らしいものからユーモラスなものまで色々あり、無料のものと有料のものがあります。

メッセンジャーとは?

メッセンジャーとは、Facebookで知られるメタ・プラットフォームズが提供しているメッセージアプリです。

メッセンジャーのユーザーは、世界で10億人もいるといわれています。

以前はFacebookの機能の一つだったのですが、メッセージング機能が切り離されメッセンジャーとして独立しました。

そのためFacebookのアカウントを取得しなくてもメッセンジャーを使用することができます。

メッセンジャーを使うと、メッセージをやり取りしたりグループチャットでミーティングを行えたりします。

また、通話やビデオ通話も行うことができます。

相手が出られなかった場合に、留守電のメッセージが残せるのも特徴です。

LINEとメッセンジャーの違い

LINEもメッセンジャーもメッセージアプリで、メッセージのやり取りや通話、ビデオ通話ができるのは共通しています。

日本ではLINEを使用している人が多く知名度も高いですが、世界的に見るとメッセンジャーの方が有名です。

LINEはのユーザーは2億3千万人くらいで、日本やタイ、台湾、インドネシアといったアジアで利用者が多いです。

一方のメッセンジャーのユーザーは10億人を超えており、欧米を中心に幅広い国で利用されています。

また、LIENは友達同士でコミュニケーションを取る時に利用されることが多いですが、メッセンジャーはビジネスの分野でも利用者が多いです。

そのためシンプルなデザインになっています。

また、メッセンジャーはパソコンやタブレット端末など複数の端末から同時にアクセスすることができますが、LINEは同時にアクセスすることはできません。

まとめ

LINEは日本を含めたアジア地域で人気があり、メッセンジャーは世界の幅広い地域で利用されているメッセージアプリです。

友達同士のコミュニケーションに使われることが多いのがLINEで、ビジネスでも使われることが多いのがメッセンジャーになります。