スポンサーリンク

「フォーエバー」と「エターナル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「フォーエバー」と「エターナル」の違い生活・教育
スポンサーリンク

この記事では、「フォーエバー」「エターナル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フォーエバー」とは?

永遠、終始、果てしなく広がるなどという意味がある言葉で、映画タイトルなどにフォーエバーと付ける場合は一旦のシリーズ最終作で「永遠に」という意味合いがあります。

響きの格好良さも含め日本では永遠にという意味ではフォーエバーが多く使われていると言え、ブランドや番組、作品の終焉にユーザー側がフォーエバーという言葉をかけるように使われるケースもあります。

果てしなく広がるという意味ではあまり使われないと言えますが、「フォーエバーフレンズ」というブランド名に関しては永遠のという意味と果てしなく広がるという意味を持っているともいえます。

「エターナル」とは?

時間的な永遠にという意味のある言葉で、作品タイトルなどでも使われることはありますが、シリーズものの最終タイトルという意味合いでは使われていないことが多く、永遠に続く愛というようなテーマで使うこともあります。

象徴性が高すぎないこともあり、訪問介護事業所や洗車用品の名前などに使われることもある言葉です。

介護では時間的な永遠、洗車では永遠に美しくと言った意味ととらえられるでしょう。

フォーエバーと異なり、シリーズの終焉に対してエターナルという言葉を使うことはほとんどないといえます。

「フォーエバー」と「エターナル」の違い

「フォーエバー」「エターナル」の違いを、分かりやすく解説します。

「フォーエバー」「エターナル」は共に永遠にという意味を持った言葉ですが、フォーエバーは副詞、エターナルは形容詞となっています。

どこまで言っても続く、果てしないという空間的な意味合いはフォーエバーのみが持っています。

映画のタイトルなどではシリーズものの最終作にフォーエバーと使うことはありますが、エターナルは最終作ではない使い方が基本で最終作を表す使い方はあまりしません。

「〇〇よ永遠に」というような掛け声として「〇〇フォーエバー」という使い方がされますが、エターナルという言葉は使われず、象徴性はフォーエバーの方が強い言葉ということができます。

フィクションのゲーム内などで永遠に使えるものとしての意味ではフォーエバーという言葉は象徴性が強すぎるためかエターナルという言葉を使うケースもあります。

曲のタイトルなどでもフォーエバーの方が多く使われていると言えるでしょう。

ともに会社名ではよく使われている言葉です。

まとめ

「フォーエバー」「エターナル」はともに永遠にという意味を持った言葉ですが、番組や作品の終焉を惜しむ言葉でフォーエバーが使われるなど、フォーエバーの方が日本では親しまれていると言えるでしょう。

ただしエターナルは作品名の一作目でも使いやすいという側面があります。

フォーエバーとエターナルの使われ方の関係性は今後も大きな変化はなく、惜別の意味でエターナルとは使われることはないでしょう。

生活・教育
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典