スポンサーリンク

「ギグエコノミー」と「フリーランス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ギグエコノミー」と「フリーランス」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク

この記事では、「ギグエコノミー」「フリーランス」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「ギグエコノミー」とは?

「ギグエコノミー」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ギグエコノミー」「gig economy」と英語表記します。

「ギグエコノミー」は、「インターネットを通じて、単発・短期の仕事を請け負う働き方。

また、このような非正規労働によってなりたつ経済形態のこと」
という意味があります。

「ギグ」には、アーティストのその場限りの単発ライブを意味する言葉として使用されていましたが、そこから転じて、ネットを通じた単発の仕事をする働き方を意味するようになりました。

このような働き方をする人を、「ギグワーカー」と呼ぶことがあります。

「シェアリング」という言葉があり、例えば、一台の車を数人で共有するという場合に使われます。

人材においても「シェアリング」という考えが広まり、複数の企業、発注者による、スキルを持った人材の共有という考えから、「ギグエコノミー」が生まれたと考えることができます。

例えば、「ウーバー」は、「ギグエコノミー」の一例と言えます。

「フリーランス」とは?

「フリーランス」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「フリーランス」「freelance」と英語表記します。

「フリーランス」は、「自由契約者のことで、一定の会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約するジャーナリストや俳優、歌手など」という意味があります。

近年では、ジャーナリストや俳優など、特殊な仕事をしている場合だけでなく、システムエンジニアやプログラマーなど、IT関係者の中にも、「フリーランス」として働いている人が少なくありません。

別名「個人事業主」とも言われ、自由業と呼ばれることもあります。

「フリーランス」として、仕事を請け負う人のことを、「フリーランサー」などと呼びます。

「ギグエコノミー」と「フリーランス」の違い

「ギグエコノミー」「フリーランス」の違いを、分かりやすく解説します。

「ギグエコノミー」は、「インターネットを通じて、単発・短期の仕事を請け負う働き方。

また、このような非正規労働によってなりたつ経済形態のこと」
という意味があります。

一方で、「フリーランス」は、「自由契約者のことで、一定の会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約するジャーナリストや俳優、歌手など」という意味があります。

このように、「ギグエコノミー」が、単発の仕事、超短期の仕事を請け負う働き方を意味するのに対して、「フリーランス」は、プロジェクト単位で仕事受けるため、ある程度の期間、企業の下で働く必要があるという違いがあります。

まとめ

「ギグエコノミー」「フリーランス」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。

ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典