スポンサーリンク

「豆板醤」と「甜麺醤」と「コチュジャン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「豆板醤」と「甜麺醤」と「コチュジャン」の違い食べ物

この記事では、「豆板醤」「甜麺醤」「コチュジャン」の違いを分かりやすく説明していきます。

3つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「豆板醤」とは?

「豆板醤」「とうばんじゃん」と読みます。

「豆板醤」は、「唐辛子味噌。

ソラマメと唐辛子、塩を発酵させた辛い味噌」
という意味があります。

中華料理で使う代表的な調味料で、塩辛さ、辛さを加える調味料になります。

「豆板醤」の言葉の使い方

麻婆豆腐を作る時、塩辛くする調味料が欠かせません。

そこで、スーパーで、麻婆豆腐に使用する調味料を購入するとき、「麻婆豆腐を作るために、豆板醤を購入した」などという文章を作ることができます。

「甜麺醤」とは?

「甜麺醤」「てんめんじゃん」と読みます。

「甜麺醤」は、「中華調味料の一つで、小麦粉を発酵させた甘味噌のこと」という意味があります。

北京ダックを食べる時、甘い味噌を使いますが、この味噌は「甜麺醤」です。

「甜麺醤」の言葉の使い方

北京ダックを食べた時、甘い味噌の味が美味しさの秘訣だと感じるかもしれません。

この場合は、「北京ダックの美味しさの秘訣は、甜麺醤かもしれない」などという文章にできます。

また中華料理を作るとき、豆板醤では塩辛すぎることがあるかもしれません。

この場合は、「豆板?ではなく、甜麺醤を使うと、辛くなりすぎずに済む」などという文章にできます。

「コチュジャン」とは?

「コチュジャン」は、「甘辛い味の唐辛子味噌のこと」という意味があります。

朝鮮料理に使用する、重要な調味料で、もち米や米麹、唐辛子と塩を発酵させて作る調味料になります。

韓国料理で、赤い色をした料理には、ほぼコチュジャンが入っています。

「コチュジャン」の言葉の使い方

韓国旅行に行くと、どこで料理を食べても、甘辛い味の唐辛子味噌が入っていると感じるかもしれません。

この場合は、「韓国料理には、ほとんどコチュジャンが入っている」などという文章を作ることができます。

「豆板醤」と「甜麺醤」と「コチュジャン」の違い

「豆板醤」「甜麺醤」「コチュジャン」には、調味料という共通点があります。

ただし、「豆板醤」「甜麺醤」は、中華料理の調味料なのに対して、「コチュジャン」は、朝鮮料理の調味料という違いがあります。

また、「豆板醤」は、ソラマメが原材料なのに対して、「甜麺醤」は、小麦粉が原材料という違いがあり、さらに、「豆板醤」は塩辛い味付けに使用するのに対して、「甜麺醤」は甘辛い味付けに使用するという違いもあります。

そのため、韓国料理を作るときは、「コチュジャン」を使い、中華料理を作る時、塩辛い料理なら「豆板醤」を使い、甘辛い味付けにしたい場合は、「甜麺醤」を使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

「豆板醤」「甜麺醤」「コチュジャン」の違いについて見てきました。

3つの言葉にはそれぞれ意味の違いがありました。

3つの言葉の意味の違いを知ることで、料理を作る時に、どの調味料を使用すればいいか、分かるのではないでしょうか。

食べ物
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典