スポンサーリンク

「測定」と「分析」と「計測」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「測定」と「分析」と「計測」の違い生活・教育

この記事では、「測定」「分析」「計測」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「測定」とは?

「測定」「そくてい」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「ある量や度合いの大きさを、計器や装置などを用いて調べること」という意味で、あるものがどの程度なのかを調べて明らか意することです。

2つ目は「ある量や度合いの大きさを、一定の基準と比較して、数値や符号で表すこと」という意味で、人の感覚に頼らず量や度合いを可視化することです。

上記に共通するのは「調べて明らかにする」という意味です。

「測定」の使い方

「測定」は名詞として「測定する・した」「体重測定」「測定値」「測定不可能」などと使われます。

基本的に、あるものやものごとの量や度合いの大きさを、計器や装置などで調べることや、一定の基準と比較して数値や符号を用いて表すことに使われる言葉です。

「測定」の例文

・『この地域特有の気温の変化を測定する』

「分析」とは?

「分析」「ぶんせき」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「複雑な事柄を一つ一つの要素に分けて、構成などを調べて明らかにすること」という意味で、複雑で分かりにくいことを深く掘り下げて、どの様な要素が含まれているのか、どの様に構成されているのかなどを探ることです。

2つ目は「哲学用語で、複雑な事象をその構成要素別に分けて解明すること」という意味です。

3つ目は「化学用語で、ある物質の組織や生成を調べて、種類や配合率などを明確にすること」という意味です。

上記に共通するのは「細かい要素に分けて調べる」という意味です。

「分析」の使い方

「分析」は名詞として「分析する・した」「分析家」「分析結果」「財務分析」な度と使われます。

基本的に、複雑なものごとをひとつひとつの要素に分けて、その成分や構成などを調べて明らかにすることに使われる言葉です。

「分析」の例文

・『墜落事故の原因を解明する為にボイスレコーダーを分析する』

「計測」とは?

「計測」「けいそく」と読みの意味は以下の通りです。

1つ目は「数や量、長さなど機器を用いて調べること」という意味で、メジャーや器械を使用して、ものの正確な数値を調べることです。

2つ目は「数値を調べた結果を元に検討して判断すること」という意味で、正確な数値を出して、そこから何らかの判断をすることです。

上記に共通するのは「器機を使ってしっかり調べる」という意味です。

「計測」の使い方

「計測」は名詞として「計測する・した」「計測器」「BMI計測」などと使われます。

基本的に、数や量、長さなど機器を用いて調べたり、その結果を元に判断することに使われる言葉です。

「計測」の例文

・『道路を走る車の速度を計測する』

「測定」と「分析」と「計測」の違い

「測定」「あるものやものごとの量や度合いの大きさを、計器や装置などで調べること」「一定の基準と比較して数値や符号を用いて表すこと」という意味です。

「分析」「複雑なものごとをひとつひとつの要素に分けて、その成分や構成などを調べて明らかにすること」という意味です。

「計測」「数や量、長さなど機器を用いて調べたり、その結果を元に判断すること」という意味です。

まとめ

今回は「測定」「分析」「計測」について紹介しました。

「測定」「量や度合いの大きさを調べて数値で表す」「分析」「細かい要素に分けて調べる」「計測」「調べた数値を元に判定する」と覚えておきましょう。