スポンサーリンク

「ハヤシライス」と「ビーフシチュー」と「ビーフストロガノフ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ハヤシライス」と「ビーフシチュー」と「ビーフストロガノフ」の違い食べ物

この記事では、「ハヤシライス」「ビーフシチュー」「ビーフストロガノフ」の違いを分かりやすく説明していきます。

3つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「ハヤシライス」とは?

「ハヤシライス」「hashed rice」と表記する和製英語になります。

「ハヤシライス」は、「油でいためた牛肉と玉ねぎ、ジャガイモなどに、ブラウンソースやトマトピューレ、小麦粉を加えて煮込み、ご飯にかける日本流の洋風料理」という意味があります。

「ハヤシ」は、「ハッシュド」からきているという説と、考案者の名前からきているという説があります。

「ハヤシライス」の言葉の使い方

カレーライスばかり食べている人が、少し変わった料理を食べたいと思うとき、「ハヤシライス」が選ばれるかもしれません。

この場合は、「カレーライスの代わりに、ハヤシライスを食べよう」などという文章を作ることができます。

「ビーフシチュー」とは?

「ビーフシチュー」「beef stew」と英語表記します。

「ビーフシチュー」は、「牛肉や玉ねぎ、にんじんなどをブラウンソースで長時間煮込んだ料理」という意味があります。

「ビーフシチュー」の言葉の使い方

レストランに行くと、牛肉の煮込み料理を必ず食べるという人がいるかもしれません。

この場合は、「レストランでは、ビーフシチューを食べると決めている」などという文章にできます。

「ビーフストロガノフ」とは?

「ビーフストロガノフ」「beef stroganoff」と英語表記します。

「ビーフストロガノフ」はロシア料理の一つで、「牛肉の薄切りを玉ねぎと一緒に炒めて、サワークリーム入りのソースで煮込んだ料理」という意味があります。

「ストロガノフ」は、ロシア外交官の名前に由来しています。

「ビーフストロガノフ」の言葉の使い方

ロシア料理店に行った時に、牛肉料理を食べたいと思うかもしれません。

この場合、「ロシア料理店で、ビーフストロガノフを注文した」などという文章を作ることができます。

「ハヤシライス」と「ビーフシチュー」と「ビーフストロガノフ」の違い

「ハヤシライス」「ビーフシチュー」「ビーフストロガノフ」は、それぞれ牛肉の煮込み料理という共通点があります。

ただし、「ハヤシライス」は、日本流の欧風料理なのに対して、「ビーフシチュー」は、フランス料理、「ビーフストロガノフ」はロシア料理という違いがあります。

また、「ハヤシライス」「ビーフストロガノフ」は牛肉を薄切りにするのに対して、「ビーフシチュー」は塊肉を使うという違いがあります。

さらに、「ハヤシライス」「ビーフシチュー」は、ブラウンソースなどを使うのに対して、「ビーフストロガノフ」は、サワークリームを使うという違いがあります。

まとめ

「ハヤシライス」「ビーフシチュー」「ビーフストロガノフ」の違いについて見てきました。

3つの料理には、それぞれの違いがありました。

3つの料理の違いを知ることで、レストランでの注文が楽になるかもしれません。

食べ物
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典