スポンサーリンク

「make」と「create」と「generate」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「make」と「create」と「generate」の違い英語
スポンサーリンク

この記事では、「make」「create」「generate」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「make」とは?

「make」の意味は以下の通りです。

1つ目は「ある状況を生じさせる」という意味で、ある事象を引き起こしたり、祖のような行動をすることです。

2つ目は「素材に加工して作り出す」という意味で、素材に手を加えてある目的のものを作ることです。

3つ目は「ある距離を移動する」という意味で、目的地に間に合う様に到着することです。

上記に共通するのは「ある状況を作り出す」という意味です。

「make」の使い方

「make」は動詞として使われ、非常に幅広い意味で使われます。

形あるものだけではなく、形のない物や状態などを作り出すことにも使われます。

基本的に、ある状況を作り出すことや、素材を加工して物を作ることに使われる言葉です。

「make」の例文

・『You make me happy. 』
(あなたは私を幸せにする)

「create」とは?

「create」の意味は以下の通りです。

1つ目は「自然界にあるものを創造する」という意味で、神が自然界にあるものを生み出すことです。

2つ目は「人が新しいものを生み出すこと」という意味で、今までにないものを考え出して広めることです。

上記に共通するのは「創造する」という意味です。

「create」の使い方

「create」は動詞として使われたり、形容詞形は「creative」になり、「創造力のある」「~を生み出す」「独創的な」という意味があります。

基本的に、神が自然界にあるものを創造することや、今までにない新しいものを考え出すことに使われる言葉です。

「create」の例文

・『We created our homepage. 』
(弊社のホームページを作成しました)

「generate」とは?

「generate」の意味は以下の通りです。

1つ目は「エネルギーを発生させる」という意味で、電気や熱などを生み出すことです。

2つ目は「ある考えを引き起こす」という意味で、人にある気持ちや考えを生じさせることです。

3つ目は「利益や収入などをもたらす」という意味で、それがあることで利益が生まれることです。

上記に共通するのは「あるものを生み出す」という意味です。

「generate」の使い方

「generate」は動詞として使われ、名詞形は「generation」になり、「同一世代の人々」「世代」「発生」「生成」という意味があります。

基本的に、あるものや考えなどを生じさせることに使われる言葉です。

「generate」の例文

・『It must generate profits. 』
(それは利益を生み出すに違いない)

「make」と「create」と「generate」の違い

「make」「ある状況を作り出すこと」「素材を加工して物を作ること」という意味です。

「create」「神が自然界にあるものを創造すること」「今までにない新しいものを考え出すこと」という意味です。

「generate」「あるものや考えなどを生じさせること」という意味です。

まとめ

今回は「make」「create」「generate」について紹介しました。

「make」「作り出す」「create」「創造する」「generate」「発生させる」と覚えておきましょう。

英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典