スポンサーリンク

「合コン」と「街コン」と「コンパ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「合コン」と「街コン」と「コンパ」の違い新語・ネット語

この記事では、「合コン」「街コン」「コンパ」の違いを分かりやすく説明していきます。

3つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「合コン」とは?

「合コン」「ごうこん」と読みます。

「合コン」は、「合同コンパ」の略です。

「合コン」は、「男女それぞれのグループが、合同で行うコンパ」という意味があります。

「合コン」の言葉の使い方

学生時代の友達を集めて、知り合いの異性と飲み会をする場合があるかもしれません。

このような場合は、「学生時代の友達と、合コンに参加する」という文章にできます。

また、男女の懇親会で出会った異性と付き合い始める場合は、「合コンで知り合った異性と、付き合うことにする」という文書を作ることができます。

「街コン」とは?

「街コン」「まちこん」と読みます。

「街コン」は、「商店街などの振興を目的に行われる、大規模な親睦会」という意味があります。

「街コン」の参加者は、その街にある協力店で飲食を自由にすることができます。

「街コン」の目的として、主催者は町おこしの意味があり、参加者は、男女の親睦を深め、恋人を探すという目的があります。

「街コン」の言葉の使い方

地元の商店街で、大規模な親睦会が開かれたため参加をしたら、素敵な異性と話ができ、連絡先を交換するかもしれません。

この場合は、「地元の商店街が主催した、街コンで、素敵な異性と出会うことができた」という文章にできます。

「コンパ」とは?

「コンパ」「コンパニー」の略語です。

「コンパ」は、「学生などが、費用を出し合って飲食する懇親会」という意味があります。

ちなみに「懇親会(こんしんかい)」は、「参加した人々が知り合い、親しみを深めるための会」という意味があります。

知らない人同士が、飲食を伴う会を開き、親しくなろうとすることを、「コンパ」と呼びます。

「コンパ」の言葉の使い方

ある女性が会社の同僚に誘われて、同僚の学生時代の男友達のグループと会食することになる場合は、「会社の同僚に誘われて、コンパに出席する」という文章にできます。

「合コン」と「街コン」と「コンパ」の違い

「合コン」「街コン」「コン」「コンパ」のことを意味するため、3つの言葉は「コンパ」に関連する言葉になります。

複数の人が参加して、飲み会をすることを、「コンパ」と呼ぶのに対して、「コンパ」の主催者が、商店街などの場合は、「街コン」と呼びます。

また、明らかに男女の出会いが目的で、「コンパ」を行う場合は、「合コン」と呼びます。

ただし「コンパ」「合コン」と同じように、男女の出会いのための飲み会として使う場合が多いため、「コンパ」「合コン」には、それほど明確な違いがないと考えることができます。

まとめ

「合コン」「街コン」「コンパ」の違いについて見てきました。

3つの言葉には、違いがあることが分かりました。

3つの言葉の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。