スポンサーリンク

「常務」と「専務」と「副社長」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「常務」と「専務」と「副社長」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク

この記事では、「常務」「専務」「副社長」の違いを分かりやすく説明していきます。

3つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「常務」とは?

「常務」「じょうむ」と読みます。

「常務」「常務取締役」の略語となります。

「常務」「会社の取締役のうちで、社長を補佐し、会社の業務執行にあたる取締役のこと」という意味があります。

実業界にける名称で、序列から言えば、「専務」の下にくる役職となります。

「常務」の言葉の使い方

会社員の中には、出世をしたいと考えている人がいます。

このような人は、社長を目指し、日夜努力をし、その過程として、「常務」になりたいと考えているのではないでしょうか。

このような場合は、「30代で取締役になり、40代には、常務になっておきたい」などという目標を立てるのではないでしょうか。

「専務」とは?

「専務」「せんむ」と読みます。

「専務」「専務取締役」の略語となります。

「専務」「会社の取締役のうち、社長を補佐して、会社の業務執行にあたる取締役」という意味があります。

実業界における名称で、一般的に、「常務」の上位にくる役職となります。

「専務」の言葉の使い方

会社の取締役の中には、派閥を作っている人がいます。

「常務」の派閥に入っている人、「専務」の派閥に入っている人がいるのではないでしょうか。

このような場合、「私は専務派なので、専務に社長になってもらわないと困る」などという文章を作ることができます。

「副社長」とは

「副社長」「ふくしゃちょう」と読みます。

「副社長」は、「会社の役職の一つで、社長を補佐して支える役割」となります。

一般的には、社長に続く、二番手の役職となり、会長がいる場合は、三番手の役職となります。

「副社長」の言葉の使い方

会社によっては、創業一族の子供たちが、会社の重職を担う場合があるでしょう。

このような場合は、「社長の息子は、まだ20代なのに、副社長になった」などという文章にできます。

「常務」と「専務」と「副社長」の違い

「常務」「会社の取締役のうちで、社長を補佐し、会社の業務執行にあたる取締役のこと」という意味があります。

専務」は「会社の取締役のうち、社長を補佐して、会社の業務執行にあたる取締役」という意味があります。

さらに「副社長」は、「会社の役職の一つで、社長を補佐して支える役割」となります。

どの役職も、会社における重職で、社長を補佐する立場を指します。

序列で言えば、「副社長」「専務」「常務」という順位になります。

会長と社長が、トップ2の立場だとしたら、トップ3が「副社長」、トップ4が「専務」、トップ5が「常務」ということになります。

まとめ

「常務」「専務」「副社長」の違いについて見てきました。

3つの言葉には、明確な意味の違いがありました。

3つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典