スポンサーリンク

「コミュ力」と「社交性」と「トーク力」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「コミュ力」と「社交性」と「トーク力」の違い新語・ネット語
スポンサーリンク

この記事では、「コミュ力」「社交性」「トーク力」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コミュ力」とは?

「コミュ力」「コミュニケーション能力」を省略した言葉で、意味は以下の通りです。

1つ目は「自分の意見や主張を適切な表現で相手に伝えられる能力」という意味で、言葉の語彙力や表現力が豊富で、自分の言いたいことを相手が理解できる言葉で伝えられることです。

2つ目は「相手の意見や主張を正しく理解して、期待される返事ができる能力」という意味で、相手の言いたいことをしっかり理解して、自分が言うべきことやするべきことを考えられることです。

上記に共通するのは「相手と意思を疎通させる力」という意味です。

「コミュ力」の使い方

「コミュ力」は名詞として「コミュ力がある・ない」「コミュ力が高い・低い」などと使われます。

基本的に、相手と意思疎通がスムーズにできて、良好な人間関係が築ける能力に使われる言葉です。

「コミュ力」の例文

・『彼女はコミュ力が高く取引先からも信頼されている』

「社交性」とは?

「社交性」「しゃこうせい」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「人と接するのが上手で、好きな性格」という意味で、人と話したり一緒に行動することが上手で、自ら好んでする性質のことです。

2つ目は「人間が集団社会を作り上げようとする性質」という意味で、人間が集まって統制が取れた一つの社会を作ろうとする傾向のことです。

上記に共通するのは「人と接する」という意味です。

・人とつきあうことの好きな、また、じょうずな性質。「―に富む」「―に欠ける」

・個人が集まって社会をつくろうとする人間の特性。

「社交性」の使い方

「社交性」は名詞として「社交性がある・ない」「社交性に欠ける」「社交性に欠ける」などと使われます。

基本的に、人と話したり一緒に行動するのが好きで、自ら好んでする性質に使われる言葉です。

「社交性」の例文

・『彼女は帰国子女なので社交性に富んでいる』

「トーク力」とは?

「トーク力」「とーくりょく」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「相手が思わず納得してしまう様に話せる能力」という意味で、筋道立てた内容で、説得力のある会話ができることです。

2つ目は「話題が豊富で相手を惹き付ける能力」という意味で、幅広いジャンルの話題ができて、相手を飽きさせない会話ができることです。

上記に共通するのは「話が上手い」という意味です。

「トーク力」の使い方

「トーク力」は名詞として「トーク力がある・ない」「トーク力が高い・低い」「トーク力に欠ける」などと使われます。

基本的に、説得力のある会話ができる能力のことや、話題が豊富で飽きさせない能力に使われる言葉です。

「トーク力」の例文

・『彼はトーク力があるお陰でトップセールスになった』

「コミュ力」と「社交性」と「トーク力」の違い

「コミュ力」「相手と意思疎通がスムーズにできて、良好な人間関係が築ける能力」という意味です。

「社交性」「人と話したり一緒に行動するのが好きで、自ら好んでする性質」という意味です。

「トーク力」「説得力のある会話ができる能力」「話題が豊富で飽きさせない能力」という意味です。

まとめ

今回は「コミュ力」「社交性」「トーク力」について紹介しました。

「コミュ力」「意思を疎通させる能力」「社交性」「人と接する能力」「トーク力」「話術」と覚えておきましょう。

新語・ネット語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典