スポンサーリンク

「ピラフ」と「パエリア」と「リゾット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ピラフ」と「パエリア」と「リゾット」の違い食べ物

この記事では、「ピラフ」「パエリア」「リゾット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ピラフ」とは?

「ピラフ」は、「pilav」とトルコ語表記し、「pilaf」とフランス語表記します。

「ピラフ」は、「炒めた米を具と一緒に、だしや香辛料を加えて炒めた料理」という意味があります。

トルコ料理として有名で、中近東を中心に食べられている料理になります。

「ピラフ」の言葉の使い方

チャーハンを食べ飽きたときなどに、少し趣向を変えた炒め料理を食べたいと思うかもしれません。

このような場合「ピラフ」が選ばれるかもしれません。

「チャーハンではなく、ピラフを作って食べた」などという文章を作ることができます。

「パエリア」とは?

「パエリア」「paella」とバレンシア語表記します。

「パエリア」は、「スペイン東部バレンシア州発祥の、米料理」という意味があります。

スペイン料理の一つで、世界で人気があります。

「パエリア」はバレンシア語で「フライパン」という意味があり、大きなフライパンのような鍋を用いて、「パエリア」は作られています。

具材を入れていためて、米、水、サフランを加えて炊き上げます。

「パエリア」の言葉の使い方

時々、スペイン料理を食べたいと思いつくかもしれません。

スペイン料理店に入り、まず注文するのが「パエリア」ではないでしょうか。

このような場合は、「スペイン料理店に行き、まずパエリアを注文した」などという文章を作ることができます。

「リゾット」とは

「リゾット」「risotto」とイタリア語表記します。

「リゾット」は、「イタリアで食べられていた麦類の料理に、東洋から伝播した米が融合した料理」という意味があります。

フランスにおいては「ピラフ」の別名として使われていました。

米をバターで炒めて、スープとサフランを加えて炊いたものが基本の「リゾット」とされています。

「リゾット」の言葉の使い方

胃の調子があまり良くないときなどに、お粥を食べます。

お粥ばかり食べて飽きてしまった場合、西洋料理を食べたくなるかもしれません。

このよう場合、「リゾット」を食べるかもしれません。

「今日は、お粥の代わりにリゾットを食べた」などという文章を作ることができます。

「ピラフ」と「パエリア」と「リゾット」の違い

「ピラフ」は、「炒めた米を具と一緒に、だしや香辛料を加えて炒めた料理」という意味があります。

「パエリア」は、「スペイン東部バレンシア州発祥の、米料理」という意味があります。

「リゾット」は、「イタリアで食べられていた麦類の料理に、東洋から伝播した米が融合した料理」という意味があります。

どの料理も、米料理という特徴があります。

ただし「ピラフ」はトルコ発祥の料理であるのに対して、「パエリア」はスペインバレンシア発祥の料理で、「リゾット」はイタリアの米料理という違いがあります。

まとめ

「ピラフ」「パエリア」「リゾット」の違いについて見てきました。

3つの言葉には明確な意味の違いがありました。

意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

食べ物
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典