スポンサーリンク

「ライフワーク」と「趣味」と「特技」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ライフワーク」と「趣味」と「特技」の違い生活・教育

この記事では、「ライフワーク」「趣味」「特技」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ライフワーク」とは?

「ライフワーク」とは、その人の一生をかけた仕事、作品のことという意味になります。

毎日続けていることが「ライフワーク」でもあります。

例えば、何かを調べたり、活動したりということが一時的ではなく、生活の一部となっていることを言うのです。

「祖母のライフワークであるパッチワーク作りも今年で40年目だ」「絵を描くことは、私のライフワークとなっている」「書くことが私のライフワーク」などと使います。

「趣味」とは?

「趣味」とは、専門や職業というわけではなく、楽しみで行っていることを言います。

人によっては「趣味」が仕事となることもありますが、一般的には仕事を離れた時に楽しんでいる物事といった意味合いで使います。

また、物の美しさ、面白みを鑑賞する能力、好みといった意味合いもあります。

「趣味は読書です」「料理は趣味だったが、いつの間にか料理教室の先生という仕事になった」などと言う場合は、前者の意味です。

一方「こんな柄、趣味が悪い」「彼女の選ぶものはすべて趣味が良い」などと言う場合は後者の意味となります。

前後にある言葉でどちらの意味合いか判断するようにしてください。

「特技」とは

「特技」とは、その人が得意とする特別の技能のことを言います。

得意なことだから好きということが多い印象ですが、苦手、好きではなくても優れているので「特技」となる場合もあります。

「特技はピアノだが、特別好きなわけじゃなかった」「特技を活かした仕事なので長続きすると思う」などと使います。

「ライフワーク」と「趣味」と「特技」の違い

「ライフワーク」「趣味」「特技」の違いを解説します。

この三つの言葉は、似た印象がありますが、意味合いが違います。

混同しないようにしてください。

「ライフワーク」とは、一生をかけた仕事、また作品という意味があります。

つまり生きている限り続けることに対して使う言葉です。

その人にとって生きることと同じぐらい大事なことだとわかります。

「趣味」は専門、職業ではなく楽しみで行っている物事のことです。

職業にする人もいますし、職業にするまではなくてもそのレベルに達しているということもあります。

また、ちょっとだけ楽しむ程度という場合もあるでしょう。

ようするに気が向いた時に楽しむものであり、すぐに飽きることもありますし、ずっと続ける必要性、責任もありません。

最後に「特技」ですが、これは得意とすること、上手、優れている技能のことを言います。

「趣味」「特技」となり、さらに「ライフワーク」のレベルに達するということもあるでしょう。

このように三つの言葉はすべて意味合いが違っているわけです。

ごく簡単にまとめますと「ライフワークは一生かけること」「趣味は楽しんでいること」「特技は得意なこと」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ライフワーク」「趣味」「特技」の違いを解説しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して使い分けていきましょう。