「思い出」と「想い出」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

「思い出」と「想い出」の違い生活・教育

この記事では、「思い出」「想い出」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

思い出と想い出の違い

「思い出」とは、過去に経験したこと、出会ったことなどを思い出すことや、またその事柄のことを意味します。

主に記憶の中のことを指します。

「思い出」のことは、「想い出」と書くことができます。

「想い出」という表記の仕方は、国語辞典にはのっていないことがあります。

「思」は常用漢字表にのっている漢字で、「想」は常用漢字表にはのっているけれど、「おもう」と読み方では音訓表にはのっていない漢字です。

「思」「想」も、おもう、考えるという同じ意味を持っています。

そのため、「思い出」「想い出」も同じ意味です。

思い出と想い出の使い方の違い

「思い出」は、過去の経験や出会ったことなどの事柄を思い出すこと、またその事柄のことを意味しています。

そのため、過去のことを思い出すときに使われます。

たとえば、同窓会で考えてみると、そこに集まった人たち同士で過去のことを話し合います。

これを「思い出に浸る」といいます。

「想い出」「思い出」と同じ意味を持っているので、使い方は同じです。

しかし、「想い出」は恋に関する事柄を思い出すときや、その事柄のことについて使われることが多いです。

たとえば、家族で旅行に行ったことや、大学に合格したときのことなどは「思い出」が使われて、彼女や彼氏、夫婦のことなど恋愛にかかわることは「想い出」が使われます。

思い出と想い出の英語表記の違い

「思い出」は英語で“memory”“recollection”と表記します。

“memory”とは記憶のことです。

過去の物事の記憶のことやそれを思い出すことが「思い出」です。

“memory”は数えられるものです。

複数形は“memories”になります。

“recollection”も数えられる名詞で、複数形は“recollections”になります。

「想い出」「思い出」と英語の表記の仕方は同じです。

思い出の意味

「思い出」とは、過去の物事を思い出すことや、またその事柄のことを意味します。

未来のことでも今のことでもなく、過去の記憶のことを指しています。

物に思い出があると考えることでしょう。

その物を見ることで過去の事柄を思い出しているはずです。

つまり、物自身が「思い出」なのではなく、そこにまつわる記憶が「思い出」なのです。

思い出の使い方

「思い出」は過去の記憶に残る物事に関係することに使われる言葉です。

過去とは、現在よりも前の時のことを意味します。

そのため、昨日のことも過去であり、「思い出」といえます。

しかし、一般的には昨日のことを「思い出」とはいわず、もっと長期間前のことを指す場合が多いです。

思い出を使った例文

・『思い出のある品で捨てることができない』

・『小学校の思い出を語り合う』

・『思い出なんて何もない』

・『友人と思い出を話し合うことは楽しい』

・『思い出を語り合える中の知人がいない』

思い出の類語

類語は「記念」です。

記念とは、思い出になるように残しておくことや、またそのもののことを意味します。

特記すべきことを長く記憶に残しておくためのものです。

「思い出」は特記すべきことでないことも意味しますが、記念は特記すべきことについていいます。

思い出の対義語

「思い出」の対義語はありません。

想い出の意味

「想い出」とは、過去に自分が経験したことなどの事柄を思い出すこと、またその事柄のことを意味します。

「思い出す」とは、過去のことを心によみがえらせることです。

特に「想」の漢字を使用する場合には、過去の事柄のことでも特に恋愛に関係することを意味することがあります。

たとえば、恋人とデートをしたこと、結婚式のことなどがあてはまります。

想い出の使い方

「想い出」は、過去に自分が経験したことなどの事柄について使う言葉です。

「想い」には、思慕の情、愛情という意味があります。

そのため、過去のことの中でも、特に恋愛に関係することに使われます。

しかし、恋愛以外のことでも「思い」ではなく「想い」の字を使った「想い出」で表記することはできます。

想い出を使った例文

・『彼女との想い出』

・『想い出が多すぎて捨てられない』

・『想い出を作る』

・『この料理には想い出がある』

・『想い出のある場所』

想い出の類語

「想い出」の類語は「記念」です。

記念は、過去の事柄の中でも特記すべきことを指します。

結婚生活中でもさまざまな「想い出」がありますが、その中でも結婚記念日などは、特に特記すべきこととなるでしょう。

そういった場合には「記念」という言葉が使われることが多く、「記念」とは、過去のことを思い出す目的の物事のことを指します。

想い出の対義語

対義語はありません。

まとめ

2つの言葉は同じ読み方をして、どちらも同じ意味を持っています。