スポンサーリンク

「察知」と「感知」と「検知」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「察知」と「感知」と「検知」の違い生活・教育

この記事では、「察知」「感知」「検知」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「察知」とは?

「察知」「さっち」と読みます。

意味は「推し量ってそれと感じ取ること」で、あるものごとを見たり聞いたりせずに、感覚で推し量って捉えることです。

「察」「推し量る」「思いやる」という意味、「知」「物事の本質を捉える」「対象を心に感じ取る」という意味、「察知」「対象を推し量って心に感じ取ること」になります。

「察知」の使い方

「察知」は名詞として「察知する・した」と使われたり、副詞として「察知してその場を離れる」などと使われたりします。

基本的に、見たり聞いたりせずに、推し量ってある状況を感じ取ることに使われる言葉です。

「察知」の例文

・『周囲の雰囲気で自分の悪口を言われていたことを察知する』

「感知」とは?

「感知」「かんち」と読みます。

意味は「意識で捉えること」で、見たり聞いたりせずに、五感を働かせてものごとを感じ取ることです。

「感」「五感に触れてある感じが生じる」という意味、「感知」「五感に触れて心にある感じをとらえること」になります。

「感知」の使い方

「感知」は名詞として「感知する・した」「感知センサー」などと使われたり、副詞として「感知して逃げる」などと使われます。

基本的に、五感を働かせてある状況を感じ取ることに使われる言葉です。

「感知」の例文

・『自分の身に危険が迫っていることを感知する』

「検知」とは?

「検知」「けんち」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「計測器などを使って検査して、故障を調べること」という意味で、ガス漏れなど見えない不具合を、機器を使用して判断することです。

2つ目は「実地で調べること」という意味で、実際に手に取ったりその場に言った入りして調べることです。

上記に共通するのは「調べて判断する」という意味です。

「検知」の使い方

「検知」は名詞として「検知する・した」「検知される・された」「検知機能」などと使われたり、「計測器が異常を検知して知らせる」などと使われたりします。

基本的に、見えない不具合を計測器を使って調べることや、実地で調べることに使われる言葉です。

「検知」の例文

・『自宅に設置してある機器がガス漏れを検知する』

「察知」と「感知」と「検知」の違い

「察知」「見たり聞いたりせずに、推し量ってある状況を感じ取ること」という意味です。

「感知」「五感を働かせてある状況を感じ取ること」という意味です。

「検知」「見えない不具合を計測器を使って調べること」「実地で調べること」という意味です。

まとめ

今回は「察知」「感知」「検知」について紹介しました。

「察知」「推し量って感じ取る」「感知」「五感を働かせて感じ取る」「検知」「機器を使って調べる」と覚えておきましょう。