「懺悔」と「謝罪」と「反省」の違いとは?分かりやすく解釈

「懺悔」と「謝罪」と「反省」の違い生活・教育

この記事では、「懺悔」「謝罪」「反省」の違いを分かりやすく説明していきます。

「懺悔」とは?

「懺悔」「ざんげ」と読み、の意味は以下の通りです。

1つ目は「神仏の前で自分の罪状を告白し、悔い改めること」という意味で、神仏に対して自分がおかした罪や悪事を正直に述べて、悔い改めることです。

2つ目は「キリスト教用語で、教会で罪を告白して、神父が神の代わりに許すこと」という意味です。

2つ目は「自らの罪を他人に告白して悔いること」という意味で、自分で悪いことをしたと思い、人に打ち明けて悔いるることです。

上記に共通するのは「告白して悔い改める」という意味です。

「懺悔」の使い方

「懺悔」は名詞として「懺悔する・した」「懺悔を聞く・聞いた」「懺悔室」などと使われます。

基本的に、神仏の前で自分の罪を告白して悔い改めることや、他人に正直に罪を打ち明けて悔いることに使われる言葉です。

「懺悔」の例文

・『教会で懺悔して生まれ変わる』

「謝罪」とは?

「謝罪」「しゃざい」と読みます。

意味は「自らの罪や過ちを認めて、相手に許しを請うこと」で、正直に自分の非を認めて、相手に対してお詫びすることです。

「謝」「あやまる」とも読み「わびる」という意味、「罪」「つみ」とも読み「悪いこと」「あやまち」という意味、「謝罪」「悪いことをわびる」になります。

「謝罪」の使い方

「謝罪」は名詞として「謝罪する・した」「謝罪に行く・行った」「謝罪の言葉を述べる」「謝罪文」などと使われます。

基本的に、自らの罪や過ちを認めて、相手にお詫びして許しを請うことに使われる言葉です。

「謝罪」の例文

・『業者に対して誠意ある謝罪を求める』

「反省」とは?

「反省」「はんせい」と読み、の意味は以下の通りです。

1つ目は「自分の言動を顧みて、良い点・悪い点を考えること」という意味で、それまでの行動を振り返り、是非を問うことです。

2つ目は「自分の悪かった点を認めて、改めようと決意すること」という意味で、自分の良くない点を認めて直す様にすることです。

上記に居通るのは「自分の言動を振り返る」という意味です。

「反省」の使い方

「反省」は名詞として「反省する・した」「反省の言葉」「反省点」「反省文」などと使われます。

基本的に、自分のした言動を振り返り、良い点・悪い点を考え、悪い点については直す様にすることに使われる言葉です。

「反省」の例文

・『彼の態度には反省の色が見られない』

「懺悔」と「謝罪」と「反省」の違い

「懺悔」「神仏の前で自分の罪を告白して悔い改めること」「他人に正直に罪を打ち明けて悔いること」という意味です。

「謝罪」「自らの罪や過ちを認めて、相手にお詫びして許しを請うこと」という意味です。

「反省」「自分のした言動を振り返り、良い点・悪い点を考え、悪い点については直す様にすること」という意味です。

まとめ

今回は「懺悔」「謝罪」「反省」について紹介しました。

「懺悔」「罪を告白して悔い改める」「謝罪」「罪を相手に詫びる」「反省」「言動を振り返り改める」と覚えておきましょう。