スポンサーリンク

「相当」と「妥当」と「正当」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「相当」と「妥当」と「正当」の違い生活・教育

この記事では、「相当」「妥当」「正当」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「相当」とは?

「相当」「そうとう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「価値や働きなどが、あるものとほぼ等しいこと」という意味で、あるものと同じだけあることです。

2つ目は「あるものごとと度合いが釣り合うこと」という意味で、あるものにふさわしい程度であることです。

3つ目は「程度が高い様子」という意味で、程度が高い様子を抽象的に表します。

4つ目は「ある物の程度が、他の物より著しく大きいこと」という意味で、普通を基準にして程度が高いことです。

上記に共通するのは「見合う価値がある」という意味です。

「相当」の使い方

「相当」は名詞として「相当する・した」「〇〇相当」と使われたり、形容詞として「相当の」と使われたり、副詞として「相当・相当に」と使われたりします。

基本的に、ある物に見合う価値や能力があることや、他よりも程度が高い様子に使われる言葉です。

「相当」の例文

・『くじに当たった方には1万円相当の景品を差し上げます』

「妥当」とは?

「妥当」「だとう」と読みます。

意味は「ある事情によくあてはまっていること」で、あるものごとに対して適切であると判断できることです。

「妥」「おだやかに落ち着く」「事がおさまる」という意味、「当」「あてはまる」「道理にかなう」という意味、「妥当」「おだやかに落ち着く様にあてはまること」になります。

「妥当」の使い方

「妥当」は名詞・形容動詞として「妥当だ・である」と使われたり、形容詞として「妥当な」と使われたり、副詞として「妥当に」と使われたりします。

基本的に、誰もが適切であると思い、文句のない判断に使われる言葉です。

「妥当」の例文

・『彼をリーダーに選んだのは妥当な線だ』

「正当」とは?

「正当」「せいとう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「道理や決まりにかなっていること」という意味で、理論的で間違っていないことです。

2つ目は「実直なこと」という意味で、真面目でしっかりしていることです。

上記に共通するのは「道理にかなっている」という意味です。

「正当」の使い方

「正当」は名詞・形容動詞として「正当だ・である」と使われたり、形容詞として「正当な」と使われたり、副詞として「正当に」と使われたりします。

基本的に、道理や規律にかなっていて、間違っていないことに使われる言葉です。

「正当」の例文

・『彼女には内定を辞退する正当な理由がある』

「相当」と「妥当」と「正当」の違い

「相当」「ある物に見合う価値や能力があること」「他よりも程度が高い様子」という意味です。

「妥当」「誰もが適切であると思い、文句のない判断」という意味です。

「正当」「道理や規律にかなっていて、間違っていないこと」という意味です。

まとめ

今回は「相当」「妥当」「正当」について紹介しました。

「相当」「程度が見合っている」「妥当」「適切である」「正当」「道理にかなっている」と覚えておきましょう。