「民宿」と「ゲストハウス」と「ペンション」の違いとは?分かりやすく解釈

「民宿」と「ゲストハウス」と「ペンション」の違いとは?生活・教育

日々の生活のストレス解消はいろいろありますが、旅行で知らない土地の空気を感じるというのはストレス解消の代表のようなものです。

そんな旅行の際の宿泊先としてホテルや旅館の他に、「民宿」「ゲストハウス」「ペンション」という選択肢もあります。

三つともよく耳にするものですが、果たして違いはどこにあるのでしょうか。

この記事では、「民宿」「ゲストハウス」「ペンション」の違いを分かりやすく説明していきます。

「民宿」とは?

「民宿」とは、一般民家が許可を得て運営する宿泊施設のことを指します。

一般民家が営んでいる為、比較的小規模の施設が多いのが特徴です。

また、古民家を回収したような所が多く、和の雰囲気を楽しめる施設です。

ホテルや旅館などの至れる尽くせりのサービスというわけにはいきませんが、家族経営の所が多くアットホームな雰囲気とサービスを受けることができます。

また、比較的リーズナブルな所が多く、日常生活のストレスから解放される場所として人気の宿泊施設です。

「ゲストハウス」とは?

「ゲストハウス」とは、訪問者の為に用意された宿泊施設のことを指します。

母屋とは別に住宅施設が用意されており、そこを訪問者の為に解放し宿泊施設として使用するものです。

施設の中に複数の訪問客が滞在する為、リビングやトイレなどの設備が共用であったりします。

施設によって違いはありますが、部屋は個室であったり、相部屋であったりと様々です。

訪問客同士が顔を合わせる機会が多い為、他者とのコミュニケーションが大きな目的である旅行者にとって人気のある宿泊施設になります。

料金も比較的リーズナブルです。

「ペンション」とは?

「ペンション」とは、小さなホテルのような宿泊施設のことで、洋風の佇まいが特徴の施設です。

洋風の「民宿」といったイメージです。

アットホームな雰囲気と、ホテルのようなサービスを味わえる宿泊施設になります。

「民宿」と「ゲストハウス」と「ペンション」の違い

「民宿」「ゲストハウス」「ペンション」の違いをまとめると以下のようになります。

「民宿」とは、「一般民家が許可を得て運営する宿泊施設」のことを指します。

古民家の佇まいが特徴の所が多く、和の雰囲気を味わえる宿泊施設です。

「ゲストハウス」とは、「訪問者の為に、母屋とは別に用意された宿泊施設」のことを指します。

いろいろな設備が他の宿泊客と共用の為、他者との交流を楽しみたい方にとって人気の宿泊施設です。

「ペンション」とは、「小さなホテルのような宿泊施設」のことを指します。

言うなれば、「洋風の民宿」といったイメージです。

まとめ

「民宿」「ゲストハウス」「ペンション」の違いについて説明してきましたが、微妙な違いがありました。

違っている所もあれば共通している所もあり、比較的リーズナブルであり、また、経営者や他の宿泊客との交流が出来る場でありました。

一人でのんびり楽しむ旅行もあれば、他者との交流を楽しむ旅行もあります。

是非、あなたの思う旅行を楽しんでください。