「了承」と「了解」と「承諾」の違いとは?分かりやすく解釈

「了承」と「了解」と「承諾」の違いとは?生活・教育

この記事では、「了承」「了解」「承諾」の違いを分かりやすく説明していきます。

「了承」とは?

「了承」「りょうしょう」と読みます。

意味は「ものごとの事情を汲み取り納得すること」で、ものごとの事情や相手の意向などを理解して、よしとすることを言います。

「了」「もっともだと思う」という意味、「承」「うけたまわる」とも読み「相手の意向を受け入れる」という意味、「了承」「相手の意向をもっともだと思い受け入れること」になります。

「了承」の使い方

「了承」は名詞として動詞を伴い「了承する・した」「了承を得る・得た」などと使われたり、形容詞として「了承の上」などと使われたり、副詞として「了承して」と使われたりします。

基本的に、ものごとの事情や相手の意向などを汲み取り、もっともだとして受け入れることに使われる言葉です。

「了承」の例文

・『直行直帰することについて、あらかじめ上司から了承を得る』

「了解」とは?

「了解」「りょうかい」と読みます。

意味は「ものごとの内容や事情を理解して認めること」で、ものごとの意味を正しく理解して受け入れることを言います。

「解」「わかる」とも読み「ものごとの筋道や意味をはっきりとらえる」という意味、「了解」「ものごとの筋道や意味をはっきりとらえてもっともだと思うこと」になります。

「了解」の使い方

「了解」は名詞として動詞を伴い「了解する・した」と使われたり、副詞として「了解して」と使われたりします。

基本的に、ある事柄について、正しく内容を理解した上で認めることに使われる言葉です。

「了解」の例文

・『旅行のスケジュールについての件、了解致しました』

「承諾」とは?

「承諾」「しょうだく」と読みます。

意味は「相手の意見や要求などを聞いて受け入れること」で、相手からそうしたいと申し込んできたことに対して認めることを言います。

「諾」「うべなう」とも読み、「よろしいと認める」という意味、「承諾」「相手の意向を受け入れてよろいしいと認めること」になります。

「承諾」の使い方

「承諾」は名詞として動詞を伴い「承諾する・した」と使われたり、副詞として「承諾して」と使われたりします。

基本的に、相手から意見や要望が出た時に聞き入れて、よしと認めることに使われる言葉です。

「承諾」の例文

・『クライアントからの依頼を承諾する』

「了承」と「了解」と「承諾」の違い

「了承」「ものごとの事情や相手の意向などを汲み取り、もっともだとして受け入れること」という意味です。

「了解」「ある事柄について、正しく内容を理解した上で認めること」という意味です。

「承諾」「相手から意見や要望が出た時に聞き入れて、よしと認めること」という意味です。

まとめ

今回は「了承」「了解」「承諾」について紹介しました。

「了承」「事情をくんで受け入れること」「了解」「理解して受け入れること」「承諾」「相手の意向を認めること」と覚えておきましょう。