「勧奨」と「推奨」と「奨励」の違いとは?分かりやすく解釈

「勧奨」と「推奨」と「奨励」の違いとは?生活・教育

この記事では、「勧奨」「推奨」「奨励」の違いを分かりやすく説明していきます。

「勧奨」とは?

「勧奨」「かんしょう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「自分を有利にする為に、人に対して是非そうする様に促すこと」という意味で、自分にとって有利になることを、しきりと人に促すことを言います。

2つ目は「自分を有利にする為に、褒めて引き立てること」という意味で、自分にとって有利になることを、しきりとほめて人をその気にさせることを言います。

上記に共通するのは「自分の利益になることを勧める」という意味です。

「勧奨」の使い方

「勧奨」は名詞として動詞を伴い「勧奨する・した」「勧奨される・された」と使われたり、副詞として「勧奨して」と使われたりします。

基本的に、自分の有利になることを、人にする様に促すことを表す硬い表現で、日常で使われることはほとんどありません。

「勧奨」の例文

・『会社から退職を勧奨された』

「推奨」とは?

「推奨」「すいしょう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「相手が有利になる様なことをする様に促すこと」という意味で、相手にとって有利になることを、しきりと促すことを言います。

2つめは「人に対してあるものごとや人物をほめて、使う様に促すこと」という意味で、とても良いので是非使ってみると良いと言うことです。

上記に共通するのは「相手の利益になることを勧める」という意味です。

「推奨」の使い方

「推奨」は名詞として動詞を伴い「推奨する・した」「奨励される・された」と使われたり、副詞として「推奨して」と使われたりします。

基本的に、良い物や人物について相手の為になるとしてほめ、使う様に促すことに使われる言葉です。

「推奨」の例文

・『このバッグは学校から推奨されているメーカーの商品だ』

「奨励」とは?

「奨励」「しょうれい」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「世の中の為になることをする様に促すこと」という意味で、社会的に良い影響を当たることとしてする様に促すことを言います。

2つ目は「人に対して、ある事柄を良いとしてする様に強く促すこと」という意味で、行動することを強く促すことを言います。

上記に共通するのは「多くの人の為になることを勧める」という意味です。

「奨励」の使い方

「奨励」は名詞として「奨励する・した」「奨励される・された」と使われたり、副詞として「奨励して」と使われたりします。

基本的に、多くの人の為になるとして、ある行動をする様に強く促すことに使われる言葉です。

「奨励」の例文

・『政府としてクールビズが推奨されている』

「勧奨」と「推奨」と「奨励」の違い

「勧奨」「自分の有利になることを、人にする様に促すことを表す硬い表現」という意味です。

「推奨」「良い物や人物について相手の為になるとしてほめ、使う様に促すこと」という意味です。

「奨励」「多くの人の為になるとして、ある行動をする様に強く促すこと」という意味です。

まとめ

今回は「勧奨」「推奨」「奨励」について紹介しました。

「勧奨」「自分のためになることを勧める」「推奨」「相手のためになることを勧める」「奨励」「人のためになる行動を勧める」と覚えておきましょう。