スポンサーリンク

「追求」と「追及」と「追究」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「追求」と「追及」と「追究」の違いとは?生活・教育
スポンサーリンク

「追求」「追及」「追究」の、意味や違いをご存知ですか。

この記事では、「追求」「追及」「追究」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「追求」とは?

「追求」「ついきゅう」と読みます。

「追求」には次のような意味があります。

【目的のものを手に入れようとして、それを達するまでどこまでも追いかけ求めること】

「追求」には次のような目的語があります。

・快楽
・幸福
・利益
・利潤
・理想

「追求」の例文

・『幸福を追求する』
・『利潤の追求』
・『自分の理想を追求していくと心に決めた』
上記は「目的のものを、どこまでも追いかけ求める様子」を用いた例文です。

「追及」とは?

「追及」「ついきゅう」と読みます。

「追及」には次のような意味があります。

・【あとから追いかけて、追いつくこと】
・【どこまでもくいさがって調べ、責めること】
・【(責任などを)どこまでも責めること】
「追及」の目的語は、次のような言葉です。

・汚職
・原因
・出所
・責任

「追及」の例文

・『自分たちの利益を追及する』
この例文は「あとから追いかけて、追いつくこと」を表しています。

・『余罪を追及する』
上記は「どこまでもくいさがって調べ、責めること」を用いた例文です。

・『説明責任を追及する』
上記が「(責任などを)どこまでも責めること」の例文になります。

「追究」とは

「追究」「ついきゅう」と読みます。

・【不明なものや不確かなことを明らかにしようとして、尋ねきわめること】
そして「追究」の目的語は次の言葉になります。

・真実
・真理
・美
・本質

「追究」の例文

・『医学的な追究』
・『科学は実証に基づいた真理の追究です』
・『「美」を追究する』
上記はすべて「不明なものや不確かなことを、明らかにしようとすること」を表す例文です。

「追求」と「追及」と「追究」の違い

「追求」・・・目的のものを手に入れようとして、それを達するまでどこまでも追いかけ求めること ・「追及」・・・あとから追いかけて、追いつくことや(責任などを)責めること。

「追究」・・・不明なものや不確かなことを明らかにしようとして、尋ねきわめること

並べてみるとすべて同じ読み方ですが、まったく違う意味を持っていることがわかります。

幸福や自分の理想などを追い求める時には「追求」を使います。

余罪を調べ、(責任などを)責める場合には「追及」があてはまります。

そして「追究」は不明なことや不確かなことを、研究し極めることを言います。

それぞれの目的語を理解すると、違いが明確になります。

まとめ

以上が「追求」「追及」「追究」の違いです。

3つとも読み方は同じですが、間違えて使われることが多い言葉です。

一度この機会に使い方を整理してみてください。

この記事を参考にしていただけますと幸いです。

生活・教育
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典