スポンサーリンク

「記者」と「ジャーナリスト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「記者」と「ジャーナリスト」の違いとは?ビジネス・就職・転職

この記事では、記者とジャーナリストの違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

記者とは?

記者とは、マスメディア用の記事を制作する人のことを指す言葉です。

仕事内容としては、新聞や雑誌、ニュースサイトなどに自分の声で取材した内容を記事にして提供します。

取材も請け負う記者は、事件に関与した人物にマイクを向けて取材し、その言葉を記事にするわけです。

聞いたことを記事にするだけではなく、どのような経緯で事件が起きたのか、その人物の心の内や行動をうまく引き出すために質問して、書き出すことが求められる仕事でもあります。

そして、聞き出したことを読む人に分かりやすく要点をまとめて書くのです。

また、人が関心を示す事件は何か、その事件のどのようなことに関心を持っているかを考えたうえで、誰に、どのタイミングで取材すればいいかを考えて行動するのも記者の腕の見せ所です。

そのため、記者は高い文章力と取材力、行動力、そして編集力など様々な能力が求められる職業でもあります。

シャーナリストとは?

ジャーナリストとは、メディアに情報を提供する職業を指します。

雑誌や新聞などのメディアに記事や写真を提供し、お金を受け取るのが仕事であるため、その分野において専門的な知識が必要です。

例えば報道に特化したジャーナリストは素早く今起きている事件や問題の全容を調べて、情報を提供します。

ときには現場の写真や関わる人物の画像や動画を提供し、知りたい人の疑問を解決するわけです。

ジャーナリストの中には組織に属さず、単独で活動するフリーライターやルポライターが増えています。

よりお金にするために単独で海外へ出向き、事件や社会問題について調べた情報をメディアに提供しています。

メディアに情報を提供するときは、問題となっている原因について調べたり、個人の意見を聞いて交えつつ真実を伝えることがジャーナリストに与えられた使命でもあります。

記者とジャーナリストの違い

記者とジャーナリストの違いを、分かりやすく解説します。

自らが調べ上げた内容や事実の要点をまとめて文章に書き出すのが記者で、事件や事故、社会問題となった事柄の真実を伝えるのがジャーナリストの仕事という違いがあります。

記者の例文

・社会で起きた出来事を素早くかつ正確に書き出すのが新聞記者の仕事だ。

・記者という仕事は体力と忍耐力も必要になる。

時間までに記事を提供しなければならない記者は、情報内容を素早く、正確に文章へ書き出す能力が求められます。

いつ事件、事故が起こるかわからないため、いつでも現場へ行けるように待機する記者は体力が必要です。

ジャーナリストの例文

・新聞会社で働いてスキルを身につけた社員がその経験を活かしてフリーのジャーナリストになる。

・ジャーナリストにはキャスターの仕事もこなす人がいる。

新聞会社でどのようなことが記事になるのか、そして人の興味を惹きつける文章の書き方や情報の取得方法について学んだ後、そのスキルを活かしてフリーに転身する人が増えています。

また、キャスターの仕事もして稼ぐジャーナリストも増えており、ますます仕事の幅が広がっている職業です。

まとめ

時間が不規則になる記者やジャーナリストで生計を立てる人は、人々により分かりやすい情報を提供するんだという使命感に支えられて困難な仕事をする人が多い職業です。

そんな職業で働きたい人は、日頃から体力を養い、高い文章力を学び、いち早く人々が求めていることを掴めるよう練習しておくといいでしょう。