「変」と「おかしい」と「怪しい」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

「変」と「おかしい」と「怪しい」の違いとは?生活・教育

日常生活の中で普通の人の振る舞いとは、明らかに異なったさまをしている人がいます。

「ちょっとあの人って、変じゃない?」というような表現をすることがないでしょうか?

この「変」の他に「おかしい」「怪しい」が使われることもあります。

そこでこの記事では、「変」「おかしい」「怪しい」の違いを分かりやすく説明していきます。

「変」とは?

「変」「へん」という読み方となり、「変わる(かわる)」「変える(かえる)」という意味があります。

この他に「次々と変わってゆく」「移り変わる」「急に今までと異なった事象が起こること」「不時の災難」「豹変(ひょうへん)」という意味で使われることもあります。

「変」の例文

「変」の例文を見て行きましょう
・『彼の服装って変じゃない?』
・『変なことばかり言っているのでちょっと危ない人かも』
例文を見るように、普通とは違っているさまが分かります。

「おかしい」とは?

「おかしい」「面白くて笑い出したくなる気持ち」「面白いありさま」「普通でない状態」のことを意味している言葉です。

「おかしい」の例文

・『あいつの言っていることっておかしくないか?』 ・『いつもおかしいことばかりやっているな』 「おかしい」「普通でない状態」「面白いありさま」という意味がありましたが、例文でもそのような解釈で使われています。

「怪しい」とは

「あやしい」という読み方をする「怪しい」は、「見慣れない変わった様子」「疑わしい」「信頼できない」という意味を持っています。

「怪しい」の例文

「怪しい」の例文は以下のようなものになります。

・『あすの天気は怪しいね』
・『彼の行動は怪しい』

「変」と「おかしい」と「怪しい」の違い

ここで「変」「おかしい」「怪しい」の違いを見て行きましょう。

「変」「普通とは明らかに異なる点があって笑いたくなるさま」「普通とは様子が違うのに気づいて疑わしく思う」という解釈になりますが、「あいつは頭がおかしいんじゃないか?」ということを言っている場合のおかしい」は冗談で使われるケースが多いでしょう。

これは「変」になると冗談だけでなく本気の場合の両方で使われています。

しかし、「怪しい」の場合は、冗談では使われることはなく、本当に危険なケースが少なくありません。

このように「変」「おかしい」「怪しい」は普通ではない異常な状態を意味していますが、微妙にニュアンスが異なっているのです。

「服のデザインがおかしい」という場合は「おかしい」は面白いニュアンスが感じられますが、「デザインが怪しい」となると不安なニュアンスとなり、「デザインが変だ」というと両方の意味合いで理解することができます。

まとめ

これまで「変」「おかしい」「怪しい」の意味や違いを説明してきましたが、各々の言葉の解釈はかなり似通っているように思えるものの、使われるシチュエーションが異なっているので、正しく理解しておく必要があります。