スポンサーリンク

「image」と「imagine」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「image」と「imagine」の違い英語
スポンサーリンク

“image”“imagine”は綴りのよく似た英単語ですが、細かな意味や使い方が異なるため使い分けが必要です。

両者の適切な用法を学んで、あらゆるシーンで難なく使いこなせるようにしましょう。

この記事では、“image”“imagine”の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

“image”とは?

“image”は主に名詞として使われる単語で、「像」「偶像」「画像」「映像」「彫像」「聖像」などの意味があるほか、「姿」「印象」「象徴」「描写」といった意味も持ち合わせています。

また、ときに動詞として「像を作成する」「想像する」「映す」などの意味で使用されることもあります。

“imagine”とは?

“imagine”は動詞としての役割を持つ単語で、「想像する」「心に思い描く」「思い浮かべる」といった意味があります。

そのほか「思う」「推測する」などの意味で用いられることもあります。

語源はラテン語の「心に描く」だと伝えられています。

“image”と“imagine”の違い

“image”“imagine”は何かを想像したり思い描いたりする際に使用する単語ですが、“image”が名詞で使用されることが多いのに対し、“imagine”は動詞としてのみ使用されます。

“image”には動詞としての役割もありますが、「想像する」「思い浮かべる」を表現する際は“imagine”を使うのが一般的です。

次に、“image”“imagine”の違いを分かりやすく解説します。

“image”の例文

“image”は主に名詞で使われることが多く、「像」「画像」「彫刻」「姿」「印象」「象徴」「描写」などの意味で用いられます。

日本語として普及している「イメージ」の意味より範囲が広いことに注意しましょう。

“She saw an image of Saint Paul.”(彼女は聖パウロの像を見た)
“We will introduce the image authentication system.”(我々は画像認証システムを導入するつもりだ)
“They tend to have a one-sided image of her.”(彼らは彼女について一方的な印象を持ちがちだ)

“imagine”の例文

“imagine”は動詞で、「想像する」「心に思い描く」「思い浮かべる」などの意味で使用されます。

また、会話などの場面で「思う」「推測する」といった意味で使うこともあります。

“I sometimes imagine a different life.”(私は時々別の人生を想像する)
“He can’t imagine her playing baseball.”(彼は彼女が野球をやるなどとは想像できなかった)
“I can imagine.”(分かります)

まとめ

“image”“imagine”は混同されがちですが、“image”は主に名詞、“imagine”は動詞として使用されるのがポイントです。

また、“image”に多彩な意味があることも押さえておきましょう。

ぜひ参考にして、英語でのコミュニケーションスキルに磨きをかけてください。

英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典