スポンサーリンク

「友達」と「親友」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「友達」と「親友」の違いとは?分かりやすく解釈違い
スポンサーリンク

この記事では、「友達」【ともだち】と「親友」【しんゆう】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「友達」とは?

言いにくいことも気軽に言える相手を「友達」【ともだち】といいます。

思ったことをずばっと言える間柄であり、包み隠さず感情をぶつけられるのも親しい間柄であるからこそです。

このような相手であれば話す内容も似通っているので、会話していると楽しい気持ちになります。

また、行動や思考も似ている者同士であり、一緒にいるだけでも充実感を感じて幸せな気持ちで過ごせるのです。

「親友」とは?

親しい間柄である人を「親友」【しんゆう】といいます。

「友達」の中でも一番気が合い、行動や考え方も似ているため、まるで兄弟のような感じがするほど身近に感じる人を指す呼び方です。

かなり信頼できる人であるため何でも話せて、恋愛や金銭面での悩みを聞いてもらえます。

また、相手が何を考えているか表情を見るだけで分かるのも、心が通じ合っている証拠です。

「友達」と「親友」の違い

「友達」「親友」の違いを、分かりやすく解説します。

何でも話を聞いてくれたり、親身になって悩みを聞き、一緒に行動してくれる人を「友達」といいます。

いつもそばにいては心の支えになり、問題が起きれば助けてくれる人はまさに「心強い友達」になるのです。

もう一方の「親友」は友達の中でもかなり行動や考え方が似ていて、まるで双子のように何でも言い合える人を指します。

「友達」の例文

・『男友達に恋愛の悩みを聞いてもらって解決策を得ている』
・『友達は、憧れと尊敬の存在である人を選ぶ場合が多い』

「親友」の例文

・『自分が抱える劣等感をさらけ出せる相手が本当の親友だ』
・『自分だけではなく、心から幸せを願う相手を親友という』

まとめ

どちらも自分と心が通じる相手を指す言葉ですが、微妙に意味が異なりますので、自分なりに使い方を工夫してみるといいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典