スポンサーリンク

「心配性」と「用心深い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「心配性」と「用心深い」の違いとは?分かりやすく解釈違い
スポンサーリンク

この記事では、「心配性」【しんぱいしょう】と「用心深い」【ようじんぶかい】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「心配性」とは?

人よりも心配しすぎる性格を「心配性」【しんぱいしょう】といいます。

仕事を何度も見直しては間違っているのではないかと不安になったり、洗濯物は風で飛ばされていないかと酷く考えてしまうのです。

その「心配性」はどこか病的にも感じられますが、中には全般性不安障害といった病気であるため、人よりも心配して不安に駆られてしまいます。

一方で、間違わないよう慎重に何度も目を向けるため、間違いがほとんどないといった利点もあるのです。

「用心深い」とは?

物事を始めるにあたり、本当に失敗しないか深く考えて始める前に時間がかかってしまう人を「用心深い」【ようじんぶかい】といいます。

慎重すぎて、さっと手を出して始めるといったことに不安を抱いてしまい、恋愛も仕事ができないといった問題点が見えるのです。

一方で「用心深い人」は、先に目の前の状況に目をよく向けて、内容をよく確かめてから行えるといった魅力があります。

「心配性」と「用心深い」の違い

「心配性」「用心深い」の違いを、分かりやすく解説します。

自分がやった行為に不安を抱いてしまい、何度も大丈夫かと確かめて安心する人の性分を「心配性」といいます。

実際には問題がないというのに納得せず、不安でいられないといった状態を解消できません。

しかし、何度も確かめる周到さがあるため、信頼できるところもあるわけです。

もう一方の「用心深い」は、始める前に何度も内容を確かめては行動に移すといった人の性分を指します。

「心配性」の例文

・『心配性の彼氏は、外出するのに時間がかかって困る』
・『心配性な姉は大学生の妹を見送ってから会社に出勤する』

「用心深い」の例文

・『用心深い彼女は電話に出るとき、たとえ彼氏であっても名前を聞く』
・『兄は用心深い人なので鍵の戸締りを担い、一番最後に家を出る』

まとめ

どちらも似たような意味を持つ言葉ですが、少し使い方が異なりますので、相手によってうまく使い分けてみるといいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典