スポンサーリンク

「発達障害」と「適応障害」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「発達障害」と「適応障害」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「発達障害」「適応障害」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「発達障害」とは?

「発達障害」とは脳機能の偏りによって身体や学習や行動に不全をきたしている状態です。

厳密に言えば病気ではなく悪い方向に大きく発露した個性と言えます。

ただし「発達障害」によってうまく社会に適合できないことから精神的な負担やストレスになり精神的な病気の原因となることも少なくありません。

実際にどのような障害が起きているかによっていくつかに分類されますが、どれも生まれ持った脳機能の問題なので根本的治療はほぼできず、そういった状態とどう付き合っていくかという対症療法のような対処が取られます。

「適応障害」とは?

「適応障害」とは日常のストレスに上手く対処できないことから精神的な問題が起き社会生活に適応できなくなる病気です。

ストレスにさらされると抑うつ状態になったり強い不安感や焦燥感などの症状が起き活動に支障をきたし、ストレスの原因がなくなるとそういった症状も収まります。

心理療法によってストレスの対処法を見つけたり、時間を掛けてストレスの原因に慣れることで治る可能性もありますが、症状が悪化し他の精神病の発病に繋がり得る病気です。

「発達障害」と「適応障害」の違い

「発達障害」「適応障害」の違いを、分かりやすく解説します。

身体や学習や行動に言語などの不全をきたしている状態が「発達障害」で、ストレスに対処できず精神的な問題を引き起こす病気が「適応障害」です。

「発達障害」は病気ではなく個性や特性特徴という扱いですが、「適応障害」は投薬せずに治療が行われる病気という扱いになります。

まとめ

「発達障害」は個性や特徴の悪い方向に大きな発現であり、必ずしも抑うつや不安感など精神的な問題が起こるとは限りません。

しかし「適応障害」はストレスがあれば精神的な問題が起きてしまう病気です。

「発達障害」は病気ではないので上手い付き合い方を身につけることで問題が起きにくくなっても治りはしませんが、「適応障害」はストレスとの上手い付き合い方を身につければ完治する可能性もあるでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典