「教育」と「教養」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

「教育」と「教養」の違い生活・教育

この記事では、「教育」「教養」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは各項目の説明に入っていきます。

「教育」の意味

最初に「教育」(きょういく)の意味をご説明致します。

「教育」の意味としては、対象になる人物や生徒に対して、心身共に成長及び才能がある場合は、その才能を伸ばすために教官や先生などが教えていくことを意味しております。

また知的能力も鍛えるための、一環としても行われます。

「教育」の意味は、以上となります。

「教育」の使い方

次は「教育」の使い方を解説していきます。

「教育」を使いたい時は、知的能力を鍛える時や、心身共に成長する際に、先生や教官などが教えるという時に使っていくことが多いのです。

それでは具体的なケースを見てみましょう。

「義務教育で習ったことがあるのであれば、ある程度は漢字などは書けるはずだ」
「先生たちの教育が良かったおかげで、知的能力が向上したと自覚がある」
このような感じで「教育」という言葉を使えます。

「教育」を使った例文

ここでは「教育」を使った例文を書いていきます。

・『専修教育を修了し、本日付けを持って鹿屋航空隊に配属されました』
・『どのような教育を受けてきたのか。親の顔を見てみたい』(相手に対して怒っている際に使うことがもできるのです)
・『教育というのは本当に大切だ』
・『あの派出所の班長の教育がいいのだろう。模範的な警察官ばかりいる』
・『僕は教育学を学びたい』
以上が「教育」を使った例文を書いてみました。

「教育」の類語

「教育」の類語を見ていきましょう。

「教育」の類語としては、「仕込む」(しこむ)や「鍛えあげる」(きたえあげる)、「トレーニング」「教練」(きょうれん)などが類語になるでしょう。

これらの意味としては、対象になる人物や生徒などを、教官や上司、先生が能力向上や技術向上を狙い、教えていく、または練習させるという意味があるのです。

類語については以上になります。

「教育」の対義語

次の項目では「教育」の対義語を取り上げてみます。

「教育」の対義語については、「学習」(がくしゅう)や「勉強」(べんきょう)などが対義語になるでしょう。

これらの対義語の意味は、知識や技術・技能などを身につけるために、人に教えられ尚且つ自分で学ぶという意味があります。

「教育」の対義語としての説明は終わりです。

「教養」の意味

ここでは「教養」(きょうよう)の意味をご説明致します。

「教養」の意味とは、対象になる人間に対して、教師などが教えるという意味がありますが、これは主に精神的な心の広さを教える意味合いが非常に強いのです。

そして、社会生活を送る上で必要な文化についての、知識などを意味しているのです。

「教養」の意味としては、以上となります。

「教養」の使い方

それでは「教養」の使い方を解説します。

「教養」を使いたい時は、先生が生徒に対して、心の広さなどを教えたり、社会生活に必要な文化的な知識向上などを目指す時などに使うものです。

具体的な「教養」の使い方を見てみます。

「先生が非常にいい人だったので、教養を身につけることができた」
「教養のある人は器も大きいものだと、父親が言っていた」
これが「教養」の使い方についての解説とします。

「教養」を使った例文

「教養」を使った例文を書いていきます。

・『一般的な教養は最低限、必要である』
・『やはり一流家庭で育った方は、教養があるものだ』
・『教養とは知性になり、知性が品性になる』
・『教養のある人は意外に、夜遊びなどに関して寛大だ』
・『教養を養うには、いい師に出会うことだ』
これらが「教養」を用いた例文です。

ここには5バージョンの例文があります。

「教養」の類語

「教養」の類語を見てみます。

「教養」の類語は、「うんちく」「マナー」「身だしなみ」「良識」(りょうしき)などが類語になるでしょう。

これらの類語の意味は、社会常識的な意味や、身なりを整えるという意味を持っております。

「教養」の類語についての説明は、以上になります。

「教養」の対義語

次は「教養」の対義語を解説していきます。

「教養」の対義語は、「実用」(じつよう)や「実用化」(じつようか)などが対義語になるでしょう。

意味としては、実際に使えるという意味や、役立って戦力になるという意味合いがあります。

以上が対義語についてでした。

「教育」と「教養」の違い

ここでは「教育」「教養」の違いについてご説明致します。

「教育」というのは、対象になる生徒や人間に対して、先生や教官などが、技術・技能向上のために教えるという意味があります。

また、知的能力向上に関しても、「教育」という言葉は使われるのです。

そして、「教養」の意味としては、対象になる人に対して、師にあたる人間が心の広さなどを教える意味があります。

また一般常識や、社会的な文化などに関しての知識を向上させるためにも使います。

これらが「教育」「教養」の違いとなります。

「教育」と「教養」の使い方の違い

最後の項目において「教育」「教養」の使い方の違いについて取り上げて終了とさせていただきます。

「教育」というのは、対象になる生徒及び人間に対して、上官や教官、指導員が技能向上や技術向上、学力向上を狙って教えるという意味があるのです。

また、知的能力向上についても使われます。

「教養」の方は、対象になる人に対して、師にあたる人間が心の広さなどの精神的な教育、所謂、人としての教育をする際に使います。

また、一般常識や社会にある文化の知識に対して学ぶ際などに対して使われます。

具体的な使い方を見てみます。

前者は、「教官の教育によって、操縦技術が上がったので感謝しております」
後者の方は、「このような教養を身につけることができたのは、先生が薦めてくれた本を読んだからだ」という具合に使い方の違いが明確になるのです。

「教育」「教養」の使い方の違いについては、以上となります。

まとめ

まとめは、「教育」の場合は、勉学や技術向上を狙い、先生や上官が生徒などに教えるという意味があります。

また、知的能力向上の際にも使います。

「教養」の方は、教えて育てるという意味があります。

もっと詳細を見ていくと、精神的教育や人としての教育を指しているのです。

社会の文化に対する知識向上などの時に、用いられます。